豪華内装の「サウナ室付きキャンピングカー」がかなり本格的だった!? どこでも「ととのう」極上の空間が凄かった

日本初のキャンピングサウナバス「当麻町ととのえBUS」を製作した北海道のカスタムキャンピングカービルダー「Touma Auto Project」。各地のイベントで町のPR活動のために使われているようですが、レンタカーとしても使えるそうなので取材してきました。

布団乾燥機車の技術を転用した「サウナ付きキャンピングカー」とは

 北海道・当麻町のカスタムキャンピングカービルダー「Touma Auto Project」が作ったのは日本初のサウナ室付きキャンピングカー「当麻町ととのえBUS」。
 
 2022年秋より一般レンタルがはじまり、好きな場所でサウナ&キャンプを楽しめます。

【画像】キャンピングカーの内部はサウナでした…! 本格的な移動できるサウナキャンパーの実車を見る!

トヨタ「コースター」をベースにしただけあり、広々としたリビングスペース。町内産の木を多用しています
トヨタ「コースター」をベースにしただけあり、広々としたリビングスペース。町内産の木を多用しています

 旭川市の隣に位置する小さな町「当麻町」にはサウナ室が付いたキャンピングカー「当麻町ととのえBUS」があります。

 木育を掲げる自然豊かな当麻町が、観光PR+リラックスして仕事ができる空間になればとプロジェクトを発足。

 2021年、町内の資源と技術を総動員してご当地ビルダー「Touma Auto Project」(以下T.A.P)が製作しました。

 内装には町内産トドマツを使用。核となるサウナ室には地元の世良鉄工が作ったステンレス製サウナストーブを設置しています。

 ストーブの上には地元キャンプ場スタッフが掘り出したサウナストーンが載っていて、ロウリュも楽しめる本格的なサウナ室となっています。

 素人考えでは「キャンピングカーに小さな部屋を作ってそこにストーブを置くだけでいいのでは?」と思いますが、ここは冬になると-20度まで下がるのも珍しくない極寒の地。

 断熱性の高いキャンピングカーであっても、サウナ室の温度を安定させるのはおいそれとはできません。

 この課題はT.A.Pが製造しているホテル向けの布団乾燥機車の技術を使うことで解決しました。

 布団乾燥機車とは耳慣れませんが、いわゆる動く乾燥室。

 ホテルから布団を集めて乾燥室に持っていくのではなく、ホテルを巡り車内で乾燥させるというものです。

 真冬の北海道でもスイッチを入れてから30分以内に車内を100度に上げる必要があり、この特殊なクルマを製作した経験が「当麻町ととのえBUS」完成に一役買っているのです。

「当麻町ととのえBUS」は普通免許(平成29年3月12日以降の免許取得者は準中型自動車免許以上)で運転できます。

 イベント時やふるさと納税の返礼品として利用できるほか、スケジュールが空いていればレンタルOK。

 優に全長6mを超えますが、バックアイカメラを搭載しているので方向転換や駐車もアシストしてくれます。

 レンタルの際にはサウナ室の薪ストック棚にあらかじめ薪が入っています。

 じゃらんからの予約では基本、日帰り(宿泊したい場合は要相談)。薪の購入に時間がかかるのはもったいないのでこれはうれしいサービスです。

 サウナ室には大きな窓がついていて、景色を眺めながら過ごせるので飽きることはありません。

【画像】キャンピングカーの内部はサウナでした…! 本格的な移動できるサウナキャンパーの実車を見る!(20枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 定員を考えなければただの移動式サウナ施設で良いわけで、それであれば専用に車輌を改造するよりも自分なら4t平ボデーにサウナ化したスーパーハウス(現場事務所のアレ)を乗せて、余剰スペースに水風呂を置いたほうがコスト的には良いかと。
    土建屋が運営するのであれば資材置き場にサウナを置いて、必要に応じてクレーンなどで積んでやれば、それしか利用できない車輌を依頼が入るまで遊ばせておくよりも良いです。サウナ部分を貸出するのであればユニック(クレーン付きトラック)で顧客に期間貸しできますし、被災現場に貸し出すなどもできますね。改造車だと利便性は高くても1つあたりのコスパが悪そうです。