”スゴそう”なトヨタ新型「クラウン クロスオーバー」出現!? ブリッツがオートサロン2023で公開する“クルマたち”とは

2022年12月22日、BLITZ(以下ブリッツ)は、2023年1月13日から1月15日まで、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2023」に出展するブースの概要を公開。5台のカスタム車両やオリジナルパーツの展示がおこなわれるようです。

なんかスゴそうな「新型フェアレディZ」や「クラウン クロスオーバー」が出現!

 2022年12月22日、自動車用チューニングパーツを展開するBLITZ(以下ブリッツ)は、2023年1月13日から1月15日まで、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2023」に出展するブースの概要を公開しました。

 日産新型「アリア」やトヨタ新型「クラウン クロスオーバー」など、5台の車両展示やオリジナルパーツの展示がおこなわれます。

2.4リッターターボハイブリッドのポテンシャルを引き出したという新型「クラウン クロスオーバー」のカスタムモデル「BLITZ CROWN CROSSOVER」
2.4リッターターボハイブリッドのポテンシャルを引き出したという新型「クラウン クロスオーバー」のカスタムモデル「BLITZ CROWN CROSSOVER」

 ブリッツは、東京に本拠を置く1980年創業のチューニングパーツメーカー。ハイパフォーマンスターボチャージャーキットをはじめとする、チューニングパーツの開発・販売をおこなっています。

 東京オートサロンは、1983年に「東京エキサイティングカーショー」としてスタートしたカスタムカーの祭典。1987年の第5回からは「東京オートサロン」に名称を変更し、会場も晴海から有明、そして幕張メッセと開催場所を変え、年々規模を拡大しています。

 ブリッツがそんな東京オートサロンのブースで、「踏襲と変革」をコンセプトに掲げ展示するのは、同社のカスタム車両とオリジナルパーツ。

 展示車両では、2.4リッターターボハイブリッドのポテンシャルを引き出したという新型クラウン クロスオーバーのカスタムモデル「BLITZ CROWN CROSSOVER」や、日産の電動SUV「アリア」のカスタムモデル「BLITZ ARIYA」、日産新型「フェアレディZ」をトータルでカスタムしたグランドツーリング仕様の「BLITZ FAIRLADY Z GT Concept」、同じく新型フェアレディZをカスタムした「BLITZ FAIRLADY Z PROTO SPEC」、2023年登場のGRカローラをサーキットタイムアタック仕様にカスタムした「BLITZ GR COROLLA TA Concept」の5台です。

 オリジナルパーツとしては、最新レーザー式に対応するレーダー探知機の「Touch-B.R.A.I.N. LASERシリーズ」、減衰力調整を自動化した車高調キット「Spec DSC PLUS」などが、展示される予定です。

 同ブース内では、これらの展示のほかにも、グッズや商品の販売がおこなわれるようです。

 ブリッツのブースは、オートサロンの会期中、西ホールNo.106に位置する予定です。

【画像】なんかスゴそう! ブリッツ仕様のトヨタ「クラウン クロスオーバー」など“展示車両”を画像で見る(68枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー