100%モーター駆動でも燃料はガソリン 新型「NOTE」発売 日産

日産が、新しい電動パワートレイン(駆動装置)「e-POWER」を搭載した100%モーター駆動の新型コンパクトカー「NOTE e-POWER」を発売。従来の電気自動車と何が違うのでしょうか。

エンジンはタイヤに直接つながっていない

 日産は2016年11月2日(水)、新しい電動パワートレイン(駆動装置)「e-POWER」を搭載したコンパクトカー「NOTE e-POWER」を発売しました。

「e-POWER」はガソリンエンジンとモーターを融合した新しいパワーユニットで、これを搭載したクルマは、ガソリンエンジンによって発電した電気で走行。従来のハイブリッド車では、駆動にエンジンと小型モーターを併用していますが、「e-POWER」では、エンジンはタイヤに直接つながっておらず、「日産リーフ」にも搭載している大出力モーターのみで100%駆動します。

 燃料はガソリンであることから、電気自動車(EV)のように充電を気にする必要がなく、かつ、100%モーターで駆動するため走りは“EVそのもの”。日産は、走り出しから最大トルクを発揮する点はモーター駆動ならではといい、レスポンスの良さ、なめらかな加速、走行時の高い静粛性などのメリットもあるとしています。また、構造上、エンジンとタイヤが直接つながっていないため、最も効率の良いエンジンの回転数で発電が可能。市街地走行時においては従来のハイブリッド車に対し、「競争力のある燃費」を実現しているといいます。

 価格は177万2280円(税込み)から。日産は、「今後も様々なエリア、ニーズをカバーするEVを投入し、EVの普及拡大を進めてまいります」としています。

【了】
提供:乗りものニュース

1 2

この記事の写真一覧

最新記事