“3Dプリンター”で自家製「スーパーカー」を作成!? ユーチューバーが気合で作った「DIY F1」がスゴすぎる

クルマや銃などをダンボールで再現するユーチューバーのKing OF Crafts氏が、「DIY F1」とも呼ぶべき自家製レーシングカーのようなスーパーカーを作成。3Dプリンターを用いてボディを形成したといいますがどのようなクルマなのでしょうか。

まるで「F1マシン」!? レーシングカーのようなスーパーカーを自作

 ユーチューバーの「King OF Crafts」は、クルマや銃などを段ボールで再現したり、FRPを用いてスーパーカーを再現するDIY系ユーチューバー。そんなKing OF Crafts氏が、2022年11月に「DIY F1」とも呼ぶべき自家製スーパーカーを完成させ、動画を投稿しました。

 レーシングカーのようなフォルムをしたこのクルマは3Dプリンターで形成されたといいますが、どのようなクルマなのでしょうか

King OF Craftsが作成したレーシングカーのようなフォルムの「DIY F1」
King OF Craftsが作成したレーシングカーのようなフォルムの「DIY F1」

 King OF Craftsはこれまでに、メルセデス・ベンツ「Gクラス」やロールスロイス「ボートテール」などを段ボールで再現したり、ポルシェ「918スパイダー」やランボルギーニ「ウラカン」をFRPや金属製のパイプを用いて再現してきました。

 今回King OF Craftsが制作したのが、まるでF1マシンのようなフォルムを持つオープンスタイルのスーパーカーです。

 King OF Craftsは、まず金属製のパイプを溶接し、シャシーを作成。これに、同じように金属製のパイプを加工したパーツでサスペンション機構を再現したモジュールやモーターを取り付けていきます。

 次に、ボディカウルを3Dプリンターで出力したパーツを組み合わせて作り上げ、それを補強することで作成します。これをシャシーと組み合わせ塗装するとおおよそ完成です。

 さらにホイールキャップや灯火類、ミラー、ウィンドウ、シート、こぶりな四角形のハンドルなどを取り付け、ディテールを整えています。

 完成した「DIY F1」は、自作とは思えない精巧な仕上がりです。

 実際に公道を走行している様子も動画にされており、速度はかなり控えめのようですが、少なくとも走行できる強度はあるようです。

※ ※ ※

 明示されていませんが、完成したクルマは、ベトナムのプロダクトデザイン会社「bandit9」が開発する電気自動車の「MONACO」を模したもののようで、ロゴなどが配されています。

 MONACOは、現在まだ発売されていませんが、予約を受け付けている状態で2023年第3四半期より配送が行われるようです。

 世界にまだ存在していないスーパーカーを自らから再現してしまうKing OF Craftsの気概に脱帽です。

【画像】まるでレーシングカー! 自家製スーパーカー「DIY F1」の作成工程を画像で見る(75枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント