高額商品なのに…なぜ「価格表示」しない? 中古車店の「ASK表示」が急増 背景には何があるのか

クルマは「家の次に高い買い物」といわれるほどの高額商品ですが、中古車販売店に並ぶクルマを見ると、「ASK」「応談」「P.O.R.」という表記を見かけることがあります。価格が表記されないことにはどのような理由があるのでしょうか。

中古車店の「ASK表示」 なぜ価格が書かれていない?

 中古車販売店に並ぶクルマを見ると、「ASK」「応談」「P.O.R.」という表記を見かけることがあります。
 
 このような表記の場合には具体的な価格が表記されていないことがほとんどですが、どのような理由があるのでしょうか。

高額商品のクルマだが、なぜ価格を表記しないのか?
高額商品のクルマだが、なぜ価格を表記しないのか?

 基本的に、これらはいずれも「価格は担当者に尋ねてください」という意味です。

 クルマにかかわらず、商品物を買うときは価格が非常に重要なポイントになります。

 さらにいえばクルマは「家の次に高い買い物」といわれるほどの高額商品ですが、なぜ価格を表記せず、担当者に聞くように促しているのでしょうか。

「ASK」や「応談」の表記について、中古車販売店の担当者は以下のように話します。

「『ASK』や『応談』と表示している中古車は、そのほかの中古車と比較しても旧車であったり今となっては希少なクルマであることがほとんどです。

 そのため、こちら側としても本当にクルマが欲しいというお客さまに手に取っていただきたいという思いがあります。

 そういう意味では、いわゆる『冷やかし』対策という意味合いが強くあります。

 さらに、『ASK』や『応談』と表記しているクルマのなかには、非常に希少なモデルもあり、そうしたモデルのなかには、一般的な中古車と違って相場が形成されていない場合がも少なくありません。

 そのため価格を公にしてしまった場合、その価格が相場となってしまい、競合店舗やユーザーとの駆け引きの対象になってしまうおそれがあります」

※ ※ ※

 量販車であれば、中古車オークションなどによって統計的に相場が形成されているため、相場を大きく超える価格が付けられることはほとんどありません。

 一方、流通台数の少ないモデルは、その個体の状況と購入希望者の懐事情に依存する部分が大きく、価格を公表することによるメリットはほとんどありません。

 このように、これまで「ASK」や「応談」といった表記は、希少なモデルに対して用いられることが多かったといえます。

【画像】白×赤ボディに驚愕! 1億円超え「GT-R50」の内外装がスゴい! ビニール付いたままの実車を見る!(40枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント