「SUV風の軽自動車」なぜ増加? スズキ「ハスラー」から火が点いた「軽SUV」は無敵ジャンルだった!?

最近の軽自動車は、実用性はそのままに、アウトドア感を演出することができる軽SUVが増えています。軽SUVの魅力やメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

軽自動車の最新トレンド「軽SUV」って何?

 ダイハツ「タント」がマイナーチェンジをおこない、標準モデルやカスタム仕様に加え、アウトドアでも活躍しそうな「ファンクロス」が追加されました。

 さらに、三菱はアウトドアにも対応可能な新型「デリカミニ」を初公開するなど最近の軽は、ファミリー向けメインから徐々にSUV風のモデルがトレンドとなってきています。

 SUV風の軽自動車の魅力やメリットはどのようなところにあるのでしょうか。

軽SUV人気の火付け役 スズキ「ハスラー」(2代目)
軽SUV人気の火付け役 スズキ「ハスラー」(2代目)

 近年の軽自動車では、すっきりした「標準モデル(いわゆるノーマルモデル)」と、スポーティな「カスタム仕様」の2つのスタイルを用意するのが定番でしたが、最近はオーバーフェンダーや樹脂製フェンダーアーチ、ルーフレールなどを加えて、SUV風に仕立てられたモデルが増えています。

 いわゆる「軽SUV」と呼ばれるジャンルですが、これまでも存在していたものの注目されるようになったのは、2014年に誕生したスズキ「ハスラー」の功績が大きいでしょう。

 SUVらしい少し高めの最低地上高と大径タイヤを「軽ハイトワゴン」と組み合わせ、レトロでアウトドアテイストのスタイルを採用し大ヒット。ハスラー人気を受けて、軽SUVの車種が一気に拡大したともいえそうです。

 現在では、ハスラーやタント ファンクロスをはじめ、リフトアップした直線基調のボディを持つダイハツ「タフト」や、三菱らしい強面の「ekクロス/eKクロススペース」など多彩なラインナップがあります。過去にはセダンベースのスズキ「kei」やホンダ「Z」などクロスオーバータイプの軽自動車も販売されていましたが、時代を先取りしすぎたのかヒットしたとはいえず。今回改めて軽SUVが人気になったのも、軽ハイトワゴンをベースにした戦略がヒットしたともいえそうです。

 そんな軽SUVたちを詳しく調べると、いくつかのパターンがあります。まずはハイトワゴンの最低地上高を高め、悪路走破性を高める走行モードを搭載したSUVとしての資質を高めたモデルです。

 実際、ハスラーは180mm、タフトは190mmと最低地上高を高く設定。多くの軽ハイトワゴンの最低地上高が155mm程度なので、軽SUVは僅か数cmのアップではありますが、これによって軽としてはかなり大きい15インチタイヤの装着を可能にしています。

 タイヤが大きくなることのメリットは見た目の迫力だけでなく、タイヤの接地面積の拡大によるトラクションの向上など実際の走行で役立つ面が多いのも特徴です。

 一方で、ベースとなったハイトワゴンと最低地上高は一緒ながら、ルーフレールや専用バンパーや樹脂製パーツの追加などで、SUVをテイストとして楽しむパターンを採用した車種もあります。

“見た目だけSUV風”といわれることもありますが、日常生活ではハイトワゴンと同じ低重心で走行できるのは乗り心地や安全性も同じ。年に数回しか雪道や悪路を走らないユーザーなら、アウトドアっぽい装備で雰囲気を楽しむだけでも満足できるはずです。

 さらに注目したいのが、前席より後席の使い勝手についてです。

 ハスラーは左右独立したシートスライド式を後部座席にも採用し人が乗る居住空間を優先しているのに対し、タフトはラゲッジスペースを拡大させる積載性を念頭に開発した結果、後部座席は固定式。

 リアシートを前に倒すとラゲッジスペースの床面と一体化したフラットな荷室が広がり、アウトドアに必要なたくさんの荷物の積み下ろしを容易にする工夫が施されています。

 またスーパーハイトワゴンをベースとしたSUV風モデルの場合、外装・内装パーツでのSUV演出にとどめられていることが多いのですが、これは利便性といった最大のメリットを損ねないための工夫ともいえます。

 スポーティなカスタム仕様は好みではないけれど、かといってシンプルな標準モデルとは違うモデルが欲しい人にとって、SUV風は気になるモデルでしょう。

 軽SUVはベースとなったモデルと比べると高めの価格設定になっていますが、自分で同じようなカスタムで仕上げたらとてもこの価格では済みません。

 そういった意味でも軽自動車にプラスαを求めるユーザーのニーズにも合致していることがヒットの要因のひとつともいえそうです。

【画像】三菱が軽の「デリカ」を初公開! ゴッツい軽SUVがいまキテる! 人気モデルを写真で見る(49枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 代車でスズキKeiに乗った時、トルクもあって凄いなと思いましたね。燃費も普通にリッター30キロ走りました。