トヨタ新型「プリウス」ついに「センターメーター」廃止! 使いやすさ変わる? ユーザーの反応は

2022年11月16日に世界初公開された新型「プリウス」は、従来モデルに備わっていた「センターメーター」が廃止されました。これについてユーザーからどういった反響あったのでしょうか。

新型プリウス「センターメーター」廃止でユーザー歓喜?

 トヨタは、5代目となる新型「プリウス」を2022年11月16日に世界初公開しました。

 なかでも今回「センターメーター」が廃止されたことが特徴のひとつですが、ユーザーからはどういった反響があったのでしょうか。

トヨタ新型「プリウス PHEV」(5代目)
トヨタ新型「プリウス PHEV」(5代目)

 新型プリウスは「Hybrid Reborn」をコンセプトに、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を併せ持ったエモーショナルなモデルへと進化しました。

 エクステリアは、従来モデルの「モノフォルムシルエット」を継承しつつ、第2世代TNGAプラットフォームによるさらなる低重心化、19インチの大径タイヤ採用により、スタイリッシュなデザインに。

 インテリアは、ブラックを基調とした室内全体に、インパネやシートステッチの加飾を組み合わせ、スポーティかつ新しい上質感を両立しています。

 なかでも今回、新型プリウスのインテリアの特徴のひとつとして「センターメーターの廃止」が挙げられます。

 プリウスといえば、世界初の量産ハイブリッド車として1997年にデビューした初代モデルから一貫して「センターメーター」を採用していました。

 初代モデルは、当時「次世代コクピット」のキャッチコピーで、センターメーターが導入されました。

 ちなみに、メーターは、視認性への配慮から、フードのない無反射デジタルメーター(反射率約0.1%)を装備。

 初代モデルはほぼ中央部に設置されていたセンターメーターですが、2003年に登場した2代目にはやや運転席側寄りに移動。

 その後2009年の3代目では、再び中央部へと配置が戻り、ステアリングにオーディオや空調などのスイッチが備わったことで、操作状況をセンターメーターで確認できるようになりました。

 2015年の4代目では、中央部の配置は変わらないまま、センターメーターが盛り上がったような強調デザインへと変化。

 そんななか、今回登場した5代目新型プリウスは、ついにセンターメーターが廃止されました。

 新型プリウスのメーター位置は運転席前へと移動し、さらに、トヨタのBEV(バッテリーEV)「bZ4X」に採用された「トップマウントメーター」にも似たようなデザインで、スッキリとした運転席周りに。

 これについてユーザーからは、「センターメーターなくなってよかった」「あれ嫌だった」など声が非常に多く見られました。

 実際にセンターメーターを利用したことがあるユーザーからは、「実際見にくいし視線をずらすのは危険」「なんでわざわざ見にくくしているのと思った」との声もあり、従来のメーターの位置に見にくさを感じていた人が多かったことが分かります。

 一方で「見やすいと思わないが見にくいとも思わない」との声もあり、人によっては見にくいと感じないユーザーもいるようです。

※ ※ ※

 新型プリウスには、1.8リッター/2リッターシリーズパラレルハイブリッド車(HEV)に加え、2リッタープラグインハイブリッド車(PHEV)を設定。

 HEVは今冬、PHEVは2023年春頃に発売される予定です。

トヨタ・プリウス のカタログ情報を見る

トヨタ・プリウスPHV のカタログ情報を見る

【画像】「センターメーターがない!」 激変した新型「プリウス」の内装を画像で見る(39枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. センターメーター楽だけどねぇ。HUDのがいいけど、ハンドルの裏だけはもう無理だわ。
    これハンドル裏に高さあるの邪魔くさいだろ絶対。

  2. 最近の車は難しくてついて行けないから免許証を返納しました。。