アメ車顔のギラ顔SUV 新型「バディHV」受注終了! 一部ガソリン仕様のみ受注継続も「生産台数に限り」

光岡が、同社初のSUV「バディ」の一部グレードの受注受付を終了したと発表しました。ガソリン仕様のエントリーグレードのみ、受注が継続されます。

ハイブリッド仕様のバディはすでに受注を終了

 光岡は、SUV「バディ」のハイブリッド仕様全グレードとガソリン仕様の「20DX」「20LX」グレードの受注受付を終了したと2022年11月17日に公式サイトで発表しました。

 受注受付終了の理由として、世界的な半導体部品不足などの影響と説明しています。

光岡自動車のSUV「バディ」
光岡自動車のSUV「バディ」

 今後、バディで注文できるグレードはガソリン仕様のエントリーグレード「ST」(2WD/4WD)のみとなります。

 ただし、STグレードも生産可能台数に限りがあるということです。

※ ※ ※

 バディは、トヨタのミドルサイズSUV「RAV4」をベースに、フロントに角型縦目4灯ヘッドライトや大型メッキフロントグリルを装着してアメ車風の外観に仕立てられた、光岡初のSUVです。

 2020年10月29日に外観デザインが初公開されたときから多くのユーザーの注目を集め、2021年6月24日に発売。

 発売1周年を迎える2022年6月23日時点で、累計受注台数は900台に達しています。

【画像】アメ車顔SUVの人気炸裂!? 一部受注終了発表も レトロな新型SUV「バディ」の姿とは(45枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント