「ETC使えなくなる?」 ETC車載器「10年以上使用」は要注意!? 確認方法は「ETC2022年問題」コロナ禍で影響も

高速道路でETCを利用しているという人は多いでしょう。一方で、クルマに搭載されているETC車載器が一部使用不可になるといいます。これにはどういった理由があるのでしょうか。

「ETC2022年問題」とは

 高速道路を利用する際、ETCサービスを利用している人は多いでしょう。
 
 利用率は9割近くとなっており、多くのクルマにはETC車載器が備わっています。そんなETC車載器は、機種によって今後使用不可になるケースがあるといいます。
 
 一部では「ETC2022年問題」と言われていますが、具体的にどういった問題なのでしょうか。またコロナ禍で何か影響はあったのでしょうか。

ETCが使えなくなるかも? ETC2022年問題とは
ETCが使えなくなるかも? ETC2022年問題とは

 ETCは車載器と料金所ゲートとの間で、無線通信という電波を使って通行料金の支払いに必要なデータをやりとりしています。

 そんななか、電波法関連法令の改正によって、一部のETC車載器が使用できなくなることがアナウンスされています。

 これは電波の利用環境などが影響しており、総務省によると不必要な電波(不要電波)をできる限り低減させることによって、電波利用環境の維持、向上及び電波利用の推進を図るため、WRC(世界無線通信会議)において、無線設備のスプリアス発射の強度の許容値に関する無線通信規則(RR)の改正がおこなわれたといいます。

 現在では、電波障害の原因となるスプリアス(不要電波)をできる限り低減するため、法令により発射強度の許容値が規定されています。

 このため、改正された規定外の古い車載器(旧スプリアス規格機器)を搭載したままでは、電波法に違反する可能性があります。

 従来では、国土交通省およびITSサービス高度化機構、高速道路会社6社が、2018年9月3日に「一部のETC車載器が、2022年12月1日以降使用できなくなる」と発表をおこない、2022年に利用できなくなることから、一部では「ETC2022年問題」と呼ばれていました。

 しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症などの影響から、無線設備の製造や移行作業に支障が生じていることが考慮され、新スプリアス規格への移行期間が「当分の間」と改められました。

 では、旧スプリアス規格機器は、そのまま使用することはできるのでしょうか。これについて国土交通省のWebサイトでは以下のように回答しています。

「当分の間は、旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器は使用できます(一部抜粋)」

 また、「移行期限後に対象の旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器で高速道路のETCレーンに進入した場合、ETCゲートは開かないのですか?」という質問については、以下のように回答しています。

「移行期限後に旧スプリアス規格に基づいて製造されたETC車載器で高速道路のETCレーンに進入した場合においても、急に料金が精算されなくなったり、ETCゲートが開かなくなるようなことはありません」

 このように、従来は2022年12月以降使えなくなるとアナウンスされていたものの、昨今の社会情勢が落ち着く目処がつくまで新スプリアス規格への移行は延長されるようです。

※ ※ ※

 一方で旧スプリアス規格機器について、「電波法に照らし適当ではない状態となる可能性」があるため、国土交通省やETC車載器の各メーカーでは、旧規格の機器の取り外しと新規格へ対応した機器への切り替えを呼びかけています。

 当然ながら、移行期間のうちに対応機器へ切り替えを完了しておかなければ、その後は法令違反となってしまうため注意することが大切といえます。

【画像】この先「2030年問題」も発生!? 自分のETCは使えるか写真で見る!(11枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

5件のコメント

  1. スプリアス規制によりETCが使えなくなるとの11月15日の記事中に、セキュリティ規格変更の写真が掲載されていますが、スプリアス規格とセキュリティ規格は別物ですので、これでは混乱の素です。スプリアス規制の可否判定にセキュリティ規格の判定要素を誤用してしまう恐れがあります。

  2. 相当古い物でなければ使える
    不安なら車の買い替えのときにでも新しいのにしましょう

  3. 馬鹿らしい事をやるわな
    高速入口のバーが何本も壊れたらよろしい
    当然国交省が負担しろな
    こんな事より自動車の減税と道路舗装wしっかりとやれ!!

  4. 他の方が書いているように、電波法の話とセキュリティの話がごっちゃになっている。正しく理解していないのに記事を載せないでほしい。混乱を招く。ダメなジャーナリストの典型だと思うよ。本当に。

  5. 既に複数の方から指摘がありますが、スプリアス(電波法)の話とセキュリティ(ETC仕様)の話を混同されておりミスリードなタイトル・内容ですので訂正を求めます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー