トヨタが新型「グランツァCNG」発表! 9日より予約開始 印で登場も、日本でも見覚えアリ? なワケ

トヨタのインド法人が、同社の5ドアハッチバック車「グランツァ」にCNG仕様を追加し、9日より予約を開始しました。

スズキ版モデルにもCNG仕様アリ

 トヨタのインド法人(トヨタ・キルロスカ・モーター)は、2022年11月9日に同社の「グランツァ」にCNG仕様(圧縮天然ガスで走行可能な仕様)を追加すると発表しました。

今回CNG仕様が追加されることになったトヨタ「グランツァ」
今回CNG仕様が追加されることになったトヨタ「グランツァ」

 グランツァは、2016年から2020年まで日本でも販売されていたスズキ「バレーノ」の姉妹車として、インド市場で展開されている5ドアハッチバック車です。

 今回発表されたCNG仕様は、排気量1.2リッターの直列4気筒エンジンを搭載し、トランスミッションはMTのみを設定。AT仕様はありません。

 最高出力は57kW(77.5馬力)を発揮し、圧縮天然ガス1キロで走行可能な走行距離は31.61kmを誇ります。

 グランツァCNG仕様の価格は84万3000ルピーから94万6000ルピー(約154万円から約169万円)です。

 なお、OEM元にあたるスズキ「バレーノ」(インド仕様)にも、10月31日よりCNG仕様が設定されています。

スズキ・バレーノ のカタログ情報を見る

【画像】トヨタのイケ顔HB 新型「グランツァ」がカッコいい!? 実車の顔つきは(17枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 国名まで28文字。
    追加仕様を新規車種と勘違いするような記載をしてPVを稼ぐ。マジで悪質。

    自身のサイトだけにして他所のポータルサイトに流さなければいいものを。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー