トライアンフ「CHROME COLLECTION」10モデル発表 日本へは7モデル導入

トライアンフは2022年10月25日に限定モデル「Chrome Collection」10モデルを発表しました。日本へは7モデルが導入されます。

いにしえのモデルからインスパイアを受けた限定車

 トライアンフは2022年10月25日に限定モデル「Chrome Collection」10モデルを発表しました。

【画像】美しいクロームメッキで飾られたトライアンフ「Chrome Edition」を画像で見る(14枚)

美しいクロームメッキで飾られたトライアンフ「Chrome Edition」(Bonneville Speedmaster Chrome Edition)
美しいクロームメッキで飾られたトライアンフ「Chrome Edition」(Bonneville Speedmaster Chrome Edition)

 トライアンフのChrome Collection は、1937年に登場したSpeed Twinに搭載されたオリジナルのクロームメッキタンクから1960年代のTriton、カスタムクラシック世代の誕生に至るまで、トライアンフの歴史において重要な部分を占めてきたクラシックなカスタマイズバイクにインスパイアを受け、製造される職人技の光るモデルです。

 伝統的なカスタムデザインをベースとしたChrome Collectionは、トライアンフが誇る最先端のクロームメッキ設備、多岐にわたるアクセサリー、美しいバッジやディテールなど専門設計、および製造エンジニアチームが持つ熟練の技術を駆使して製作されています。

 なお、日本に導入される7モデルの仕様は以下の通りです(Rocket 3 R、Rocket 3 GT、Scrambler 1200 XEのChrome Collectionh日本導入無し)。

■Bonneville T120 Chrome Edition

Bonneville T120 Chrome Edition
Bonneville T120 Chrome Edition

 伝統にインスパイアされた、メリデンブルーのアクセントを纏ったクロームタンクを採用。クラシックなジェットブラックのマッドガード、ヘッドライトボウル、サイドパネルなどが装備されています。

■Bonneville Bobber Chrome Edition

Bonneville Bobber Chrome Edition
Bonneville Bobber Chrome Edition

 ジェットブラックのオーバーレイ塗装とトライアンフトライアングルタンクバッジがあしらわれたエレガントなクロームタンクを採用。ジェットブラックのマッドガード、サイドパネルが装備されています。

■Bonneville Speedmaster Chrome Edition

Bonneville Speedmaster Chrome Edition
Bonneville Speedmaster Chrome Edition

 精巧に作られたクロームタンクと周囲を覆う大胆なディアブロレッドを採用。ジェットブラックのマッドガード、サイドパネル、ヘッドライトボウルが装備されています。

■Thruxton RS Chrome Edition

Thruxton RS Chrome Edition
Thruxton RS Chrome Edition

 ジェットブラックにペイントされたセンターストライプが美しい、伝統的なフルクロームタンクを採用。それにマッチするジェットブラックのマッドガード、サイドパネル、シートカウル、ヘッドライトボウルが装備されています。

■Bonneville T100 Chrome Edition

Bonneville T100 Chrome Edition
Bonneville T100 Chrome Edition

 美しいコバルトブルーと、メタルストライプにブラックのタンクパッドを組み合わせた現代的なタンクを採用。クラシックなクロームバッジとフューエルフィラーキャップを引き立たせる、ジェットブラックマッドガードとサイドパネルが装備されています。

■Speed Twin 900 Chrome Edition

Speed Twin 900 Chrome Edition
Speed Twin 900 Chrome Edition

 人目を惹きつける特徴的なレッドホッパータンクは、Chrome Editionのメタルニーパッドデザインにエレガントなジェットブラックのタンクストライプ、メタルディテールをあしらったトライアンフトライアングルタンクバッジを装備。新しいレッドとシルバーのロゴグラフィックとのコントラストが映えるジェットブラックのサイドパネルとマッドガードが採用されています。

■Scrambler 900 Chrome Edition

Scrambler 900 Chrome Edition
Scrambler 900 Chrome Edition

 特徴的なブルックランズグリーンを基調とした、クラシックなジェットブラックのタンクストライプ、大胆なChrome Editionのメタルニーパッドデザイン、クロームディテールがあしらわれたトライアンフのトライアングルタンクバッジを採用。ジェットブラックのマッドガード、サイドパネル、フレームカウルが装備されれいます。

※ ※ ※

 トライアンフChrome Editionの価格(消費税10%込)は、118万7000円から204万7000円で、専用アクセサリーキットでカスタムをさらに楽しむこともできます。

提供:バイクのニュース


【画像】美しいクロームメッキで飾られたトライアンフ「Chrome Edition」を画像で見る(14枚)


国内販売は5台のみ 映画『007』ジェームズ・ボンド&トライアンフの限定コラボモデル発表


トライアンフの電動バイク「TE-1」プロトタイプ公開 プロジェクトの最終段階を終えたその正体とは


逃げられない速さ! なぜ電動白バイ導入? 警視庁が白バイにBMW製EVバイクを選んだ理由とは


衝撃!バイクの2035年問題を知っていますか?

【画像】美しいクロームメッキで飾られたトライアンフ「Chrome Edition」を画像で見る(14枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー