カッコ良すぎだよ! 「欧米の」トヨタ 新型カローラは日本向けとなぜこうも違う!? 国内向けが「独自」仕様となった「事情」とは

トヨタが世界で販売する「カローラ」ですが、日本仕様と、欧米などで売られるモデルのデザインは細部で異なるようです。国内向けが「独自」仕様となった「事情」について解説します。

先代のコンパクトさや日本の道路事情に配慮し「特別仕様」で誕生した国内向け「カローラ」

 トヨタ「カローラ」は、2022年10月3日に一部改良を実施しました。ほぼ同じタイミングで、欧米などでも相次いで改良版の2023年モデルが発表されています。
 
 ところが国内向けと比べ、外観のデザインなどが異なるようです。同じカローラを名乗りながら、欧米向けはなぜ違うのでしょうか。

どっちが好き!? 見比べるとずいぶん違う! 上は北米仕様のトヨタ「カローラ セダン」下は日本仕様の「カローラ」
どっちが好き!? 見比べるとずいぶん違う! 上は北米仕様のトヨタ「カローラ セダン」下は日本仕様の「カローラ」

 カローラ(カローラ セダン)の北米仕様は10月18日に一部改良を実施し、車体前後のデザインをリニューアルしています。

 フロントまわりは、日本仕様とグリルまわりの形状なども大きく異なりシャープな印象。

 フェンダーの形状などもワイドで、よりスポーティでスタイリッシュな姿に映ります。

 これは欧州仕様などもほぼ共通のデザインとなっています。

 初代モデルが1966年に誕生して以来、世界150以上の国と地域で累計5000万台以上が販売されてきたトヨタの世界戦略モデルのカローラですが、これまで国や地域に応じた多彩な仕様が設定されていました。

 しかし2019年にデビューした12代目となる現行型カローラは、世界共通のグローバルモデルとして、新世代のTNGA(Toyota New Global Architecture) GA-Cプラットフォームをベースに、いちから開発されています。

 現行型カローラ セダン(北米仕様)のボディサイズは次のとおり。

 全長182.3インチ(約4630mm)×全幅70.1インチ(約1781mm)×全高56.5インチ(1435mm)、ホイールベース106.3インチ(約2700mm)です。

 一方、それまで日本で売られていた先代カローラ セダン(11代目「カローラ アクシオ」)は日本独自仕様でした。

 ボディサイズは全長4400mm×全幅1695mm×全高1460mm、ホイールベース2600mmで、国内の5ナンバー規格に収まるコンパクトな寸法となっています。

 フルモデルチェンジを機に、全長で230mm、車幅で85mm以上もの拡大を実施することは、さすがにユーザーにとっても受け入れがたいのではと考えたトヨタでは、国内専用モデルを開発することにしたのです。

 使用される新プラットフォームや基本的なデザインコンセプトは世界共通ですが、全長、全幅、ホイールベースを縮小。

 その結果、日本仕様の12代目カローラ セダンは、全長4495mm×全幅1745mm×全高1435mm、ホイールベース2640mmと、全体にひとまわりコンパクトなボディとされました。

 単にサイズを少しずつ小さくしただけではありません。

 ドアミラーの形状や取り付け位置、ドアの開口角度を工夫し、ミラー格納時の車幅やドアの開け幅を、従来型のカローラ アクシオと同等にしています。

 最小回転半径もカローラ アクシオと同等とするなど、日本仕様のカローラは、国内の道路事情にあわせ細部に渡り配慮された特別仕様としました。

 フロント正面に備わるエンブレムも、グローバルモデルがトヨタのロゴマークなのに対し、日本仕様は独自のカローラエンブレムである「Cマーク」が備わっています。

 さらに11代目カローラのカローラ アクシオと、ワゴン版の「カローラ フィールダー」もグレードを縮小しながら継続販売し、サイズ拡大に抵抗を持つユーザーのニーズにも応えているという念の入れようです。

 こうした日本への優遇ぶりを振り返ってみると、日本版の特別な姿もまた違って映るかもしれません。

トヨタ・カローラ のカタログ情報を見る

【画像】欧米向けと日本向けどこが違う!? トヨタ 新型「カローラ」を写真で見る(38枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. あのう、北米のノーマルグレードぐらいはもちろん確認していますよね?
    ノーマルグレードはマイナー前後ともほぼ同じフロントバンパーが使用されていますねえ。
    欧州のセダンはマイナー後(2023モデル)でも別物ですよね。
    確認に20分もかからないと思いますが、編集部はきちんと見たのでしょうか?

    モデルチェンジ時点で様々な同業他社から、同一の内容が散々出ているのにこの内容のペラさは何?
    周回遅れもいいところのネタを他社よりも興味深いものにしようともしていない、怠慢もいいところ。
    他社でいえばモデルチェンジ当時の記事でインプレス(CarWatch)に日本国内仕様の
    差異の説明があるスライドがあったが、それくらいのことをおたくの過去の取材を確認して調べて載せたら?それとも碌に実地取材をしていないからそんなものないって?

    あとこんなことばっかり書いているのは、あなた方が自身のサイトだけでなくほかのポータルサイトに
    低レベルな記事を乱造投稿をおこなっており、かつURL引用すらできないお問い合わせフォームに貴社の
    編集部が設定しており、ろくに文句も言えないからである。

  2. お分かりになってないのでもう一度詳しく書きますね。
    米国のベースグレードにあたるLEおよび上位グレードのXLEは国内向けとほぼ同一のバンパーです。
    (際はメッキの有無位)
    写真のものはスポーツ志向中堅~上位グレードのXSE/SEですね。
    米国トヨタの当該ページに行けばわかるはずですがねえ?
    欧州(他)向けセダンは2023モデルでもヘッドライトが米国/日本仕様とまったく異なっています。
    (もっと言えば中国仕様の派生(LWB版)のアリオンとレビンGTがありますがまだマイチェン前)

    国内仕様とグローバル仕様の差異は「モデルチェンジ当時」の三栄書房のモーターファン別冊か、
    インプレス(CarWatch)の当該の記事を見た方が理解が深まる。こんなの見るより。

    あんな書き方されて事実確認ぐらいしないのかしら、この人たち。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー