デッカイことはイイことだ! ひろびろ車内と圧倒的存在感の全長5m超「ドデカ自家用車」3選

大は小を兼ねる――を実際に表現したような大きいマイカーは、ロマンそのもの。日本で見ることは少ないですが、それでも購入可能な圧倒な存在感を放つ「大きい自家用車」を3モデル紹介します。

日本にもある全長5m超の自家用車

 大型の自家用車は、広大な土地やゆったりとした道路のある国ではめずらしくありませんが、日本だと取り回しがしづらく、運転に不便さを感じてしまうかもしれません。

 とは言え、大きいクルマはインパクトや優れた居住性、積載性を有します。日本では細い路地など走れる道にも制限が生じたり、運転には周囲の車両に気を遣うことになりますが、それでも全長5mを超えるクルマは意外と多く販売されています。

 そこで今回は、日本でも手に入る全長5m超えのクルマを3種類介します。

●ハマー「H2」

2002年に登場したハマー「H2」
2002年に登場したハマー「H2」

 米ゼネラルモーターズのハマー「H2」は、全長5171m、全幅2062mm、全高2012mmという存在感のあるボディを持ちます。

 前身のハマー「H1」は、ボディビル世界チャンピオンにしてハリウッドスター、そして元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツネッガー氏が、米軍の高機動多目的車、通称「ハンヴィー」を元にした特注車両をAMゼネラル社にオーダーしたもので、1992年にハンヴィーの民生品モデルとして登場しました。

 その後登場したH2は、軍用車両をルーツとするH1とは違い、シボレー「タホ」を元に開発したモデルです。

 しかしほぼ直立した大きいフロントガラスや箱型のフォルムからはH1の面影が感じられ、販売当時は大ヒットとなりました。5m超の全長と2m超の全幅は、圧倒的な存在感と迫力を与えますが、日本の道路事情には少々大きすぎるようです。維持にかかる税金も高額なので、マニア向けの一台といえるでしょう。

【画像】圧倒的存在感と迫力! 巨大「5m超マイカー」を写真で見る(27枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー