4000万円超えの最上級「クーペ」にド迫力の「車検非対応」カスタム! タイヤ&エンジン丸見え! ロールスロイス「レイス」のホットロッド仕様レンダリングがスゴイ

ロールスロイスの最上級クーペ「レイス」。今回Timothy Adry Emmanuel氏はそんなレイスをホットロッド仕様に変えたレンダリングを公開しました。

タイヤが飛び出てる!? 理解の範疇を超えたロールスロイス「レイス」のド派手過ぎるカスタム仕様

 イギリスの高級自動車メーカー「ロールスロイス」。そんなロールスロイスが製造・販売する最上級クーペが「レイス」です。

 そんなレイスを、3DアーティストのTimothy Adry Emmanuel氏が、ホットロッド仕様に変えた「レイスロッド」のレンダリングを作成・投稿しました。

ロールスロイス「レイス」のホットロッド仕様レンダリング(photo:Timothy Adry Emmanuel)
ロールスロイス「レイス」のホットロッド仕様レンダリング(photo:Timothy Adry Emmanuel)

 レイスは、美しいファストバックデザインを持つクーペ。エンジンには最高出力624馬力を発揮するV型12気筒エンジンを搭載、これにZF製8速ATが組み合わされ0−100km/h加速は4.6秒に達します。

 ボディサイズは、全長5280mm×全幅1945mm×全高1505mmとクーペながら巨大です。

 ロールス・ロイス史上、最もパワフルな動力性能を誇ると呼び声の高いレイスは、日本では「コーンズ・モータース」が正規代理店として販売しており、4000万円を超える金額で販売されています。

 そんなレイスをTimothy Adry Emmanuel氏が想像を膨らませ、ホットロッド仕様にカスタマイズした「レイスロッド」のレンダリングを公開しています。

 レイスロッドでは、フロントウィンドウより前の部分は大きく削られ、フロントのボディはかなり細くなっているほか、ボンネットはクリア素材のものが装備されエンジンが見えるようになっており、ヘッドライトも縦に長細いものが採用されています。

 またホットロッド仕様らしくチョップドルーフになっています。

 何より驚くのは、タイヤがすべてボディの外側に露出している点。数千万円の高級車とは思えないハジケっぷりです。

 マフラーも大径のサイド排気タイプに変えられているため、日本ではもはや完全に車検非適合なのはいうまでもありません。

 リアバンパーも変更されており、全体的に通常のレイスの原型をとどめてないほどのカスタムが施されています。

 このクルマについてSNSでは、「病的だ!」「もしお金ができたらやってみるよ」「クレイジー」(いずれも編集部訳)など、コメントが集まっています。

※ ※ ※

 Timothy Adry Emmanuel氏は、フェンダーミラー仕様の日産新型「フェアレディZ」やホッドロッド仕様のメルセデス・ベンツ「Gクラス」など現実にはまだ実現していない、あらゆる「もしかしたら」なクルマのレンダリングを作成して、自身のSNSに投稿しています。

 Timothy Adry Emmanuel氏の製作したレンダリングは、もちろん非現実ですが、世界には、ロールスロイス「ファントム」を6輪化する人やロールスロイス「シルバーシャドウ」をドラッグレース仕様に改造する人、トヨタ「ランドクルーザー(FJ40型)」をホットロッド仕様にカスタマイズする人もいるので、完全にありえないとは言いきれません。

【画像】過激スギ! 4000万円超えのロールスロイスにド迫力カスタム! 車検非適合な「レイスロッド」のレンダリングと通常の「レイス」を画像で見る(69枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. 凄くない、正面だけはまあ良いけど、、
    あとはタイヤが飛び出ただけだね~。
    もっと変えないと凄いとは言えない。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー