トヨタ本格SUV「フォーチュナー」がジャングルなどを疾走!? 「AXCR2022」参戦を横浜ゴムがサポート

横浜ゴムが、アジア最大のクロスカントリーラリー「アジアクロスカントリーラリー2022」に参戦する青木拓磨選手と塙郁夫選手に、同社のSUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)」を供給します。

青木拓磨選手・塙郁夫選手の挑戦をサポート

 横浜ゴムは、2022年11月21日から26日に開催される予定のアジア最大のクロスカントリーラリー「アジアクロスカントリーラリー2022(以下、AXCR)」に参戦する青木拓磨選手と塙郁夫選手に、同社のSUV・ピックアップトラック用マッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003(ジオランダー・エムティー・ジーゼロゼロサン)」を供給すると10月17日に発表しました。

 両選手ともに、トヨタが海外向けに展開するフレームタイプの本格SUV「フォーチュナー」で参戦します。

参戦車両のトヨタ・フォーチュナー1号車(青木拓磨選手)
参戦車両のトヨタ・フォーチュナー1号車(青木拓磨選手)

 コロナ禍の影響で今回3年ぶりの開催となるAXCRは、FIA(国際自動車連盟)の公認を受けダカールラリーと同格式でおこなわれるラリーイベント。アジア各国の山岳部やジャングル、海岸、プランテーション、サーキットなどを舞台に競われます。

 今回、両選手はTOYOTA GAZOO Racing IndonesiaおよびTCD Asia Pacific Indonesiaのサポートを受け、チーム「FORTUNER GEOLANDAR Takuma-GP」からAXCRにエントリー。

 青木選手は二輪のテスト走行中の事故で下半身不随となりライダーを引退後、四輪ドライバーに転向し海外レースを中心にさまざまなレースに参戦しています。

 AXCRには2007年から横浜ゴムとともに参戦しており、今回で13回目となります。

 これまで「GEOLANDAR」装着車両で2011年に総合3位を獲得したほか、近年では2016年に総合9位、2017年に総合6位でトップ10入りを果たしました。

 塙選手は日本を代表するオフロードレーサーです。

 近年、横浜ゴムと参戦したレースでは2016年と2018年に米国で開催された「SMOKIN WHEEL’S OFFROAD GRANDPRIX」で総合優勝したほか、米国のオフロードレース「The Mint400」のクラス7で2020年に3位、2022年3月に2位を獲得しています。

※ ※ ※

 AXCRの2022年大会は、11月21日にタイをスタートし11月26日にカンボジアでゴールする約1700kmのコースで競われます。

【画像】「AXCR2022」に参戦するトヨタSUV「フォーチュナー」がカッコいい!(9枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー