アプリリア「RSV4 XTrenta」 166kgの車重で230馬力を叩き出す超ド級の限定車発売

ピアッジオ グループ ジャパンは、イタリアのバイクブランド「アプリリア」の特別仕様車「RSV4 XTRENTA」の発売を開始しました。改めてその特徴を振り返ってみましょう。

レース活動で得たノウハウを惜しみなく投入

 ピアッジオ グループ ジャパンは、イタリアのバイクブランド「アプリリア」の特別仕様車「RSV4 XTRENTA」の発売を開始しました。

【画像】アプリリアの限定車「RSV4 XTRENTA」を画像で見る(9枚)

アプリリアの限定車「RSV4 XTRENTA」
アプリリアの限定車「RSV4 XTRENTA」

 サーキットを最大限に楽しむためアプリリアのレーシング部門が開発したRSV4 XTRENTAは、2019年に発表されたRSV4 X、史上最もパワフルで軽量なハイパーネイキッドバイクであるTuono Xに続く特別なモデルで、アプリリア初の世界選手権タイトル獲得から30周年を記念した一台です。

 車重166kgで230psを発揮するRSV4 XTRENTAでは、レーシングエレクトロニクスとサスペンション、Sc-Project製の専用エキゾーストを備えることで本物のレーシングバイクのようなセットアップを実現。

 すべてのカーボンフェアリングは、MotoGPで使用されているパーツと同じプロセスを用いてPANコンポジット社によって製造され、ダウンフォース性能を向上させながら抵抗を減らす新設計のフロントウィングと、全く新しいテールリアウィングの両方を搭載。

 アプリリアがMotoGPで使用するレーシングマシン「RS-GP」においては2019年から搭載している通称「スプーン」と呼ばれる、スイングアームに取り付けられた下部ウィング「アンダーウィング」を世界で初めてを採用し、ダウンフォース量を25%向上させ、4%の空気抵抗の軽減を実現しています。

 そのほか、数々の専用装備を備えたRSV4 XTRENTAの価格は5万ユーロ(税抜/日本円で約710万円・10月12日現在)で、100台限定で生産されます。

提供:バイクのニュース


スズキGSX-Sで生き残るナナハン! 新型1000と迷うがSS直系の直4搭載で100万円切りは超お買得!!


カワサキ「Z H2」2023年モデル 新色を採用した新型を欧州で発表


現代版ロケットカウルをまとったトライアンフ新型「スピードトリプル1200RR」 3気筒スーパースポーツと呼ぶに相応しい!!


ホンダ「ホーネット・コンセプト」 新開発755cc並列2気筒8バルブユニカムエンジンの詳細を公開


「おお400 “CB400フォア”」 当時の16歳へ、ホンダからのプレゼント

【画像】アプリリアの限定車「RSV4 XTRENTA」を画像で見る(9枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー