新型“タントSUV”出た!? ダイハツ、新「タント ファンクロス」発売! キャンプ映え必至のタフ顔 「カスタム」「標準車」も同時改良

ダイハツは2022年10月3日、「タント」「タント カスタム」のマイナーチェンジをおこない、新たに「タント ファンクロス」を追加して発売しました。

人気の軽がさらに利便性を高めて発売 「タフ顔」も新たに加わる

 ダイハツは、2022年10月3日、軽スーパーハイトワゴンの「タント」「タント カスタム」にマイナーチェンジを実施。新たに「タント ファンクロス」も追加し発売しました。
 

新しく追加となった「タフ顔」の「タント ファンクロス」
新しく追加となった「タフ顔」の「タント ファンクロス」

 ダイハツ タントは2003年に初代が登場。軽自動車のスーパーハイトワゴンというジャンルを確立。

 両側パワースライドドアや、センターピラーをドアに内蔵し広い開口部を実現した「ミラクルオープンドア」を採用するなど、幅広いユーザーに支持されています。

 現行型となる4代目モデルは、2019年7月に発売。ダイハツの新世代のクルマづくりコンセプト「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」にもとづいた第一弾となっています。

 今回の改良は2022年8月22日に先行情報を公開。

 タント カスタムはフロント周りが一新。ヘッドライトの形状が鋭くなり、フロントグリルも迫力のあるものとなって押し出し感の強いものとなっています。

 インテリアは新たに上下2段階調節式のデッキボードを採用。脚を立てることにより、上段と下段に分けて荷物を積むことができるものとなっています。

 また、9インチのスマホ連携のディスプレイオーディオをオプション設定。Apple Car Playに対応し、エアコンなどの操作が声で可能な音声認識機能も搭載。HDMIによる映像入力にも対応し、オーディオの使い勝手が向上しました。

 ボディカラーも追加となり、タントはサンドベージュメタリック、2トーンカラーのホワイト×アイスグリーン、ホワイト×サンドベージュメタリックを新設定。タントカスタムにはクールバイオレットクリスタルシャイン、クロムグレーメタリックを新しく設定しました。

※ ※ ※

 今回バリエーションに追加となったタント ファンクロスは、アウトドアシーンに調和するアクティブ感とタフさを表現したSUV風のデザインとなっています。

 外装は、無塗装ブラックを積極的に取り入れ、バンパーやフロントグリルが専用となるほか、アウトドアシーンで活躍するルーフレールを装備しています。

 インテリアはオレンジ色を差し色として所々にアクセントが加えられ、シートはカモフラージュ柄となりタフさを表現。

 さらに、タント ファンクロス専用装備として、撥水加工のシート表皮、後席シートバックも撥水加工となっています。キャンプや釣りなどで汚れた荷物を気にせずそのまま積み込むことができ、手入れも楽になることで、アウトドアで活躍します。

 また、天井と右側に装備するラゲッジルームランプ、後席右側のUSBソケットも装備しています。

 価格(消費税込)はタントが138万6000円から、タント カスタムが178万2000円から、新たに設定されたタント ファンクロスが172万1500円からとなっています。

ダイハツ・タント のカタログ情報を見る

【画像】「タフ顔」に「アルファード顔」も両方イイ! マイナーチェンジされた新型「タント」の内外装を写真でチェック(82枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント