「めっちゃいい」世界初公開のスバル新型「クロストレック」は“ミニレヴォ”化!? 注目受け反響続々

スバルが2023年春に発売予定としている新型「クロストレック」に対して、ユーザーからはどのような反響が寄せれられているのでしょうか。

「小さなアウトバックって感じ」という感想も

 2022年9月15日、スバルは新型「クロストレック」を世界初公開しました。フルモデルチェンジにともない、「XV」「クロストレック」と市場ごとに使い分けていた車種名をクロストレックに統一。内外装も一新された新型SUVとして登場します。

 では、新型クロストレックに関してファンからはどのような反響は寄せられているのでしょうか。

スバル新型「クロストレック」(日本仕様プロトタイプ)
スバル新型「クロストレック」(日本仕様プロトタイプ)

 新型クロストレックの外観は、高めのフード位置により厚みを感じさせるデザインとしたことで、逞しさを表現。シャープなフロントグリルバーの採用などにより軽快感も演出されています。

 リアはキャビンを絞り込んだことにより後ろから見たフェンダーの踏ん張り感が強調されました。

 内装は、上位車種の「レヴォーグ」や「WRX S4」などで採用している11.6インチの大画面センターインフォメーションディスプレイが採用されたことが大きなトピックのひとつとなります。

 また2リッター+e-BOXER(ハイブリッドシステム)のみの搭載がアナウンスされたほか、運転支援システム「アイサイト」のカメラが三眼(新型ステレオカメラユニット+広角単眼カメラ)になった点も特徴となります。

 では、新型クロストレックについてユーザーからどのような反響が寄せられているのでしょうか。

 新型クロストレックの世界初公開日、スバルは新型クロストレックのプレゼンテーションを公式YouTubeでライブ配信しました。

 視聴者からは「かっこいい」「めっちゃいい」といったポジティブな感想が上がったほか、「『アウトバック』みたいな顔になった」「小さなアウトバックって感じだな」「『フォレスター』よりかっこいい」など、ほかのスバル車と比較する声も寄せられました。

 また、全車がハイブリッド車になったことに対して「e-BOXERだね」「ハイブリッドか」と驚く声もありました。

※ ※ ※

 新型クロストレックは2023年春頃に日本市場へ導入される予定です。

【画像】スバルが新型SUV初公開! 新型「クロストレック」は外装もイカす! 実車を画像で見る(52枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ライトがマツダみたいでカッコ悪いです