レクサス新型高級SUV「RX」まさかの「PHEV」レスで豪に投入!? もりもりターボで2023年現地発売へ

オーストラリア市場で、レクサス新型「RX」が2023年初頭に導入されます。3種類のパワートレインが設定されますが、いまのところプラグインハイブリッド仕様「RX450h+」の導入についてはアナウンスされていません。

2仕様でターボエンジンを採用

 レクサスオーストラリアは、2022年9月5日に新型「RX」の現地でのラインナップを発表しました。「RX350」「RX350h」「RX500h Fスポーツ パフォーマンス」の設定が明らかになりましたが、プラグインハイブリッド仕様「RX450h+」の導入についてはアナウンスされていません。

オーストラリアにも導入されるレクサス「RX」(画像はオーストラリア仕様とは異なります)
オーストラリアにも導入されるレクサス「RX」(画像はオーストラリア仕様とは異なります)

 5代目となる新型RXは、2022年6月1日に世界初公開されました。

 外観は、フロントフェイスに使われた「スピンドルグリル」の表現をボディ全体に広げた「スピンドルボディ」を採用。内装は「人間中心」の思想をより高次元で具現化する「Tazuna」という新コンセプトに基づくコックピットが特徴となっています。

 オーストラリア向けの新型RXのうち、RX350は最高出力205kW(約279馬力)を発揮する2.4リッター直列4気筒ターボを搭載。全車4WDとなります。

 RX350hは2.5リッター直列4気筒自然吸気+ハイブリッドシステムという組み合わせで登場。システム最高出力は184kW(約250馬力)で、3仕様のうち唯一4WDのほかに2WDが選択できるのもRX350hの特徴となります。

 そして、シリーズのフラッグシップとなるRX500h Fスポーツ パフォーマンスでは、2.4リッター直列4気筒ターボに高出力リアモーター「eAxle」を組み合わせたパワートレインを採用します。

 システム最高出力は273kW(371馬力)で、全車4WD。6ピストンフロントブレーキ、アダプティブバリアブルサスペンション、ダイナミックリアステアリング、21インチアルミホイールも奢られ、優れた走行性能を実現しました。

 オーストラリア市場で、新型RXは2023年初頭に発売されますが、価格や詳細な仕様は後日発表されます。

レクサス・RX のカタログ情報を見る

【画像】斬新すぎる!? レクサス新型「RX」はスピンドルボディ採用! 実車デザインを画像で見る(35枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント