5年ぶりターボ復活! 精悍顔強調したマツダ新型軽「フレア」発売! 専用グリルでグッとイケ顔に

マツダがスズキ「ワゴンR」のOEM車としてラインナップしている「フレア」が一部改良を受けました。ターボエンジンを搭載した「ハイブリッドXT」グレードが追加されています。

「フレア」としてターボの復活は5年ぶり

 マツダは2022年9月9日に同社の軽自働車「フレア」の一部改良を実施し、ターボエンジンを搭載したグレード「ハイブリッドXT」を追加しました。

 フレアとしてターボ仕様が設定されるのは初代(2017年)の販売終了から5年ぶりだといいますが、今回フレアはどのような改良を受けたのでしょうか。

一部改良したマツダ「フレア」
一部改良したマツダ「フレア」

 フレアは、スズキ「ワゴンR」(6代目)のOEMモデルにあたるクルマで、スズキが展開する軽自働車5車種のうちのひとつです。

 なお、マツダが2022年現在ラインナップする軽自働車は、すべてスズキからOEM供給を受けるモデルとなっています。

 現行となる2代目フレアは、2017年に発売されました。最初は自然吸気エンジンにマイルドハイブリッドシステムを組み合わせた仕様で登場しましたが、今回追加されたハイブリッドXTグレードはターボエンジン+マイルドハイブリッドシステムの組み合わせで登場。

 加速時には64馬力・98Nmを発揮するターボエンジンを、3.1馬力・50Nmのモーターがアシストします。

 またハイブリッドXTおよび「ハイブリッドXS」(自然吸気仕様)グレードではフロントデザインを中心に新意匠が取り入れられました。

 専用デザインのフロントグリル、フロントバンパー、ヘッドライトを採用したほかリアバンパー、リアコンビランプ、アルミホイールも変更し、スポーティさを強調。

 内装は黒を基調とした表現で、専用デザインのメーターやブラウンメタリックのカラーパネルが力強く上質な雰囲気を盛り上げます。

 なお、もうひとつの自然吸気仕様となる「ハイブリッドXG」も改良前からフロントグリルとフロントバンパーが変更されています。

 一部改良したフレアの価格は138万6000円から183万1500円です。

 それではここでクイズです。

 前述のとおり現行フレアは2代目となるものの、マツダはフレアの前身モデル(ワゴンRのOEMモデル)として「AZワゴン」を長年展開していました。

 2012年に登場した5代目ワゴンRのOEMモデルより、フレアへと名前が変更されています。

 それではここでクイズです。

 スズキ「ジムニー」のOEM車として存在したマツダ版モデルの車種名は、次のうちどれでしょうか。

【1】AZ-1

【2】スピアーノ

【3】AZオフロード

【4】ラピュタ

※ ※ ※

 正解は【3】の「AZオフロード」です。

 ちなみにAZとは、マツダがかつて展開していた販売店網「オートザム」のことを指します。

マツダ・フレア のカタログ情報を見る

【画像】押し出し感も強め! イメチェンしたマツダ 新「フレア」を画像で見る(14枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー