マツダ「新型軽」が攻めたギラ顔採用!? 刷新グリル採用の新「フレア」発売! 138万円から

マツダは2022年9月9日、軽自動車「フレア」の改良をおこない、ターボエンジン搭載車を追加したほか、内外装の変更、安全装備の充実が図られました。

新しくターボ車を追加 内外装もイメージチェンジ

 マツダは軽自動車「フレア」の改良をおこない、2022年9月9日に発売を開始しました。

「ギラ顔」グリルになった新「フレア」
「ギラ顔」グリルになった新「フレア」

 今回の一部改良は、ベースとなるスズキ「ワゴンR」の改良に合わせ、ターボエンジン搭載車グレード「HYBRID XT」を追加しました。

 また、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能を全車に標準装備し、安全装備の充実を図りました。

 デザイン面は、「HYBRID XS」「HYBRID XT」グレードで、専用デザインのフロントグリル、フロントバンパー、ヘッドライトを採用。リアバンパー、リアコンビランプ、アルミホイールも変更し、スポーティーな意匠へ変更しました。

 インテリアは黒を基調とし、専用デザインのメーター、ブラウンメタリックのカラーパネルを採用し、力強さと上質さを表現しています。

 ボディカラーも追加となり、「ノクターンブルーパール」と「フェニックスレッドパール」が新規で追加となりました。

「HYBRID XG」グレードでは、フロントグリル、フロントバンパーを変更し、ベージュ内装車のボディカラーに「テラコッタピンクメタリック」が追加、ブラック内装車に「フォギーブルーパールメタリック」が追加になっています。

 価格(消費税込)は、138万6000円から183万1500円です。

マツダ・フレア のカタログ情報を見る

【画像】「ギラ顔」で押し出し感強し! イメチェンし新しいボディカラーも追加になった新「フレア」を画像で見る(9枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー