クルマの「AM・FMラジオ」はなぜ残る? CD/MDは廃止進む! 災害時にも役立つ存在? ラジオが必要な理由とは

最近では技術の進化からさまざまな機能が増えています。カー用品においてもカーナビはその代表例です。道案内から娯楽の提供、車両情報との連携などさまざまな機能が増えていますが、カセットテープやCD、MDといった機能は廃止されつつあります。そうしたなかで、なぜAM/FMのラジオ機能は残り続けるのでしょうか。

最近のクルマはBluetooth搭載!ラジオが残っている理由は?

 かつてクルマで音楽を聞くといえばカセットテープやCD、MDでしたが、音楽環境の変化により、カーナビ・オーディオメーカーがそれぞれのスロットを廃止する流れも出てきています。
 
 しかし、このような時代にあってもAM/FMといったラジオ機能は廃止されていません。なぜ、ラジオだけがクルマに生き残っているのでしょうか。

なぜ時代に合わせて必要な機能は変化していくのに…カーラジオは生き残っているのか?
なぜ時代に合わせて必要な機能は変化していくのに…カーラジオは生き残っているのか?

 ラジオ機能の歴史は、1920年代初頭にアメリカでユーザーが家庭用ラジオを改造してクルマに搭載したことから始まり、その後1930年代にはクルマ用ラジオ(カーラジオ)が登場したといわれています。

 その後、カーオーディオとしては、カセットテープやCD、MD、MP3、Blutoothと機能拡大やディスプレイ一体型となるディスプレイオーディオの登場など日々進化してきました。

 しかし最近では、CDやMDのスロットを廃止し、Bluetooth接続によりスマートフォンから音楽を流す機能に特化した商品も登場しました。

 また昨今では自動車メーカー純正のディスプレイオーディオも登場し、さまざまなコネクテッドサービスや車両情報を集約する重要な存在になっています。

 そうしたなかでも約100年前から存在するラジオが生き残っている背景にはどのような理由があるのでしょうか。

 国産メーカーの商品企画担当者は次のように話しています。

「ラジオ機能が残る大きな理由としては、何かしらの災害時の情報収集として役立つからという部分があります。

 AMとFMはそれぞれ特性が異なっており、簡単にいえばAMは電波を遠くまで伝えることが出来るもののノイズが入ったりします。

 一方のFMは遠くまで電波を伝えづらいですがノイズなどの影響は受けづらいなど、異なるため何かあれば両方の電波帯で放送することでより多くの人にその情報を伝えられます」

 また、カーナビやカーオーディオを得意とするパイオニアの担当者は次のように話します。

「カーナビではラジオ機能を外すことができません。

 ハイウェイラジオの交通情報はAMの電波を活用していますし、リアルタイムに情報を届けるFM VICSはFMの電波を使っているので、ラジオ機能は切っても切れないものなのです。

 また海外においてもラジオ機能はユーザーにとって必須機能なので、当面は廃止することはないと考えています」

※ ※ ※

 このように時代の変化に合わせて機能の選択がおこなわれているなかで、ラジオ機能は単純に音楽や娯楽といった情報を得るだけでなく、渋滞情報や災害情報など必要な伝達手段として今後も残り続けていくようです。

【画像】ラジオは「こんな場面で活躍!」 渋滞情報を知る方法とは? 現代人には使いこなせないボタン式など実際の画像を見る!(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. FMの電波は飛距離が短く障害物に弱い。AMの電波は飛距離が長く障害物に強い。高速道路は土地の安い山間部を縫って走っているため、災害発生時に携帯電話の電波圏外でもAMラジオがあればノイズ混じりでも情報は得られる利点がある。AM民放が近いうちに北海道を除いて全てFM放送に移行するが、NHKはそのままAMが残る。依って、AMチューナーはFMへの移行後も残る。

  2. たまーに聴きたくなるんだよなぁ
    遠出する時はその都度周波数変えなきゃいけないけど、それがなんか好きなんだよねw

  3. 私はオーディオよりラジオを聴く比率が高いので絶対残してほしいですね。