ダイハツが斬新ハッチバック「アイラ」をお披露目! グリルレスに注目! 懐かしSUV「テリオス」などを尼のイベントで展示へ

ダイハツが斬新ハッチバック「アイラ」をお披露目! グリルレス風デザインに注目! 懐かしSUV「テリオス」などを尼のイベントで展示へ

グリルレスのハッチバックに注目! 「アイラBEV」とは

 2022年8月11日、ダイハツのインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(以下 ADM)は、「アイラBEV」など全9台の車両や技術展示物を現地のイベントにてお披露目しました。

ダイハツからお披露目された「アイラBEV」とはどのようなモデルなのか?
ダイハツからお披露目された「アイラBEV」とはどのようなモデルなのか?

 このアイラBEVは、8月11日-21日にインドネシア・ジャカルタで開催される「ガイキンドインドネシア国際オートショー2022(以下 GIIAS2022)」に展示されました。

 アイラBEVは、ADMが自社のR&Dセンターにて製作したコンパクトハッチバックの「アイラ」ベースの電気自動車(BEV)のコンセプトカーです。

 昨今のBEVデザインは、フロントグリルレス風がトレンドとなっていますが、アイラBEVでもフロントフェイスに斬新な模様が施されています。

 また、7人乗りMPV「シグラ」や7人乗りSUV「TERIOS(テリオス)」などのドレスアップ仕様も展示。

 さらに、2021年11月にフルモデルチェンジした7人乗りMPV新型「セニア」、2022年6月にマイナーチェンジした5人乗りコンパクトカー「シリオン」など、現地で販売されるさまざまなモデルもお披露目されます。

 さらに、日本で2021年11月に発売した「ロッキー(ハイブリッド車)」は、ダイハツ独自の小型車に最適なシリーズ式ハイブリッドシステム「e-SMART HYBRID」を搭載したもので、海外のモーターショーに出展するのはこれが初めてだといいます。

 今回の出展に関してダイハツは「GIIAS2022にこれら電動車を出展することで、プラクティカルな電動車によるサステナブルな普及を推進する考え方を来場者にお伝えするとともに低燃費、省資源なモデルなどにより、インドネシアにおけるカーボンニュートラルの実現に貢献していく企業姿勢を発信します」と説明しています。

【画像】ダイハツのグリルレス ハッチバックがカッコいい! 聞き慣れない「アイラ」の実車を見る!(24枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント