初代「240Z」よりパワー3倍増! 日産新型「Z」が夜の街を歴代Zと疾走! 豪でデビューへ

新型となった日産「Z」が、歴代Zとともにオーストラリア・シドニーを疾走する記念イベントが実施されました。

初代240Zから約3倍パワフルになった新型Z

 日産新型「Z」(日本名:フェアレディZ)がオーストラリア市場に導入されることを記念し、限定車「プロトスペック」を初めとした、Zファミリーのミーティングがおこなわれ、シドニーの街を歴代Zが走行しました。

日産新型「Z」(海外仕様)
日産新型「Z」(海外仕様)

 歴代Zは、どの世代もその時代における性能のベンチマークでした。そのベンチマークは数十年の間に大きく変化し、50年以上前にデビューした初代Zと比べると新型のパワーは驚異的に向上。

 1969年に登場した「ダットサン240Z」は、100kWを超える6気筒エンジンを搭載した高級感あふれる高性能スポーツカーでしたが、新型Zには3リッターV型6気筒ツインターボエンジンが搭載され、最高出力は約3倍の298kWにアップしています。

 240Zから260Z、280ZXから300ZX、350Zから370Zへの進化を見れば、新しい世代は伝統に忠実でありながらパフォーマンスを向上させており、そのすべてのステップが、Zのパフォーマンスの新たなベンチマークとして新しいZの登場へとつながっているのです。

 ミーティングでは、美しく手入れされたイエローの240Zやブルーの260Zなど歴代Zが夜のシドニーの街を疾走。そして夜明けとともに新型Zが走行し、そのデビューを祝福しました。

※ ※ ※

 日産オーストラリア代表のアダム・パターソン氏は、「これは誇り高い瞬間です。Zのような高性能モデルの系譜を受け継ぐモデルはほとんどなく、ここオーストラリアで、ブランドの新しいパフォーマンスの幕開けを祝うことができるのは特別なことです。新型Zは、これが最初の1台となりますが、今後はどんどん台数が増えて、新しい時代のZが始まろうとしています」とコメントしています。

日産・フェアレディZ のカタログ情報を見る

【画像】ロングノーズの流麗クーペが美しすぎる! 初代から新型まで歴代Zが勢ぞろい!(40枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント