斬新デザインの新型「クラウン」なぜ誕生? トヨタが本気で考えた「これからのクラウン」 型破りなクラウンが出来た理由

トヨタは2022年7月15日に16代目となる新型「クラウン」を世界初公開しました。4つのスタイルが設定されるなかで、第一弾は「クロスオーバー」が2022年秋に登場します。日本中の誰もが驚いた「斬新デザイン」が出来た背景とはどのような経緯で誕生したのでしょうか。

なぜ新型「クラウン」は斬新デザインになったのか

 2022年7月15日、トヨタは新型「クラウン」を16代目へとフルモデルチェンジさせました。
 
 新たに4つのスタイルを展開し、第一弾として「クロスオーバー」を2022年秋に導入しますが、これまでのクラウンを覆す斬新なデザインはいかにして誕生したのでしょうか。

ついに登場した16代目となる新型「クラウン」 斬新ともいえるデザインはどのように誕生したのか?
ついに登場した16代目となる新型「クラウン」 斬新ともいえるデザインはどのように誕生したのか?

 クラウンの歴史は戦後間もない時代に、トヨタ初の独自開発で苦難を重ね高級車を作り上げた「革新と挑戦」と共に始まりました。

 そのDNAは、その後67年に渡り歴代クラウンに受け継がれ、常に時代の一歩先を行く新しい価値を追求し、幅広いユーザーに支持されています。

 一方で、時代の変化はそれ以上のスピードで進み、最近では多様化するユーザーのニーズに対応しきれていなかったこともあり、トヨタのフラッグシップとしての存在感が希薄になっていました。

 そうしたクラウンの近況を経て、新型クラウンの開発チームは次のように説明しています。

「新しいクラウンの開発にあたり『クラウンとは何か』を徹底的に見つめ直し『これからの時代のクラウンらしさ』を追求した結果、4つの全く新しいクラウンを作り出しました。

 セダンとSUVを融合させた新しいスタイルの『クロスオーバー』に加えて、エモーショナルな雰囲気を持ち、運転しやすいパッケージとともにスポーティな走りをお楽しみいただける『スポーツ』。

 新たなフォーマル表現とともにショーファーニーズにも応える『セダン』、大人の雰囲気で余裕のある走りを持つ機能的なSUV『エステート』をラインアップし、今後グローバルに約40の国・地域に順次展開していきます」

 その第一弾に登場する新型クラウン クロスオーバーは、セダンとSUVを融合させた革新的なパッケージで「これまでの概念にとらわれない」という新たな価値を提供するクルマです。

 新型クラウンのデザインは「これからのクラウンをゼロから考え作り上げた、飾り立てない上質なデザイン」をテーマにしたといいます。

 エクステリアは、スタイリッシュなクーペライクシルエットと、力強さを感じさせるリフトアップスタイルを組み合わせ、流麗さとダイナミックさを両立させた、新時代のフラッグシップの姿を表現。

 左右に一直線につながるヘッドランプ・テールランプや、キャラクターラインに頼らず面の抑揚で質感を表現したサイドビューなど、シンプルでありながら鋭さと雄大さを兼ね備えたデザインとなっています。

 また、従来のセダンの常識を打ち破る大径タイヤを採用し、ボディ構造の工夫により、ボディ側面近くまで外側に張り出した足回りと、ボディとタイヤの隙間のバランスも徹底的に吟味したことで、セダンでもSUVでもない、踏ん張り感のある力強いスタイルを表現しました。

 一方のインテリアデザインは、どの席からも直感的に操作ができる機能レイアウトと、インストルメントパネルからドアにかけてひと続きで包み込まれるような造形により「全席特等席」を実現。

 さらに、大径タイヤの採用により得られた従来のセダンより高いヒップポイントを活かし、乗り降りがしやすく、視界の良い着座位置を実現。

 頭の上や前後の空間もより広く確保し、どの席に座っても特等席と感じていただけるような、居心地のいい室内空間を目指しました。

※ ※ ※

 なお、新型クラウン クロスオーバーのパワートレインは、気持ちのいいドライビングフィールを体感出来る「2.4L デュアルブーストハイブリッドシステム」とクラウンならではの上質で滑らかな走りをさらに進化させた「2.5L シリーズパラレルハイブリッドシステム」が用意されます。

【画像】これが新型クラウンのデザイン原点!? 斬新フェイスはこうして誕生! 出来上がる様子を見る!(43枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 本当に必要だった最大の見直しはFRでもセダンでも幅1.8mでもなく
    「『クラウン』という名前を捨てること」

    クラウンという名前を名乗る限り先代まで続いた物事が付き纏い過去のオーナーだけでなく新規の購入者の伸びにも悪影響を及ぼすことになる