スズキ新型「ワゴンR カスタムZ」発表!精悍顔「軽ワゴン」を追加&標準仕様等を一部改良! 8月30日に発売へ

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」を一部仕様変更するとともに、新たに「ワゴンR カスタムZ」を発表しました。同月30日より発売します。

スズキ新たに「ワゴンR カスタムZ」を設定して発売

 2022年8月2日にスズキは、軽乗用車「ワゴンR」、「ワゴンR スティングレー」を一部仕様変更するとともに、新たに「ワゴンR カスタムZ」を発表し、同月30日より発売します。

精悍顔の新型「ワゴンR カスタムZ」とは?
精悍顔の新型「ワゴンR カスタムZ」とは?

 今回の一部仕様変更では、「ワゴンR」のフロントグリル、フロントバンパーの意匠を変更。ボディカラーとして、新色のフォギーブルーパールメタリック、新設定のテラコッタピンクメタリック、 ダスクブルーメタリックなどを採用し、全10色のラインアップとしました。

 快適機能面ではオートエアコン、キーレスプッシュスタートシステム、運転席シートヒーターを全車標準装備。USB電源ソケット[Type-A/Type-C]も一部グレードを除いて標準装備としています。

 そのほか、コネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応したほか、「全方位モニター付ディスプレイオーディオ」を一部のグレードを除いて、メーカーオプションとして設定しました。

 安全機能面では、夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」を全車に標準装備したほか、フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ、 全車速追従機能付きの「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」及び「車線逸脱抑制機能」を一部のグレードを除いて標準装備しています。

 一方、新たに設定した「ワゴンR カスタムZ」は、エクステリアには専用意匠のヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパーを採用し精悍なデザインに仕上げました。また、ボディカラーにはデニムブルーメタリックを新設定した全8色のラインアップ。

 インテリアにはブラッ クを基調とした内装を採用し、インパネカラーパネルやフロントドア アームレストに専用のブラウンメタリックの加飾を施すなど、質感を高めた内装に変更することで、力強さと上質さを表現。また、アップグレードパッケージやターボ仕様の設定など充実した装備としました。

※ ※ ※

 それぞれの価格(消費税込み)は、ワゴンRの「FX(ガソリン車/2WD/5MT)」121万7700円から「HYBRID FX-S(マイルドハイブリッド車/4WD/CVT)」150万9200円。ワゴンR スティングレーの「HYBRID(マイルドハイブリッド車/2WD/CVT)」168万8500円から「HYBRID(マイルドハイブリッド車/4WD/CVT)」181万1700円。

 そしてワゴンR カスタムZは、「HYBRID ZX(マイルドハイブリッド車/2WD/CVT)」147万4000円から「HYBRID ZT(マイルドハイブリッド車/4WD/CVT)」175万6700円です。

スズキ・ワゴンR のカタログ情報を見る

【画像】精悍顔の新型「ワゴンR カスタムZ」お披露目! イカしたデザインを実車で見る!(16枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. スペーシアを5月に新車契約して納車が年末と言われました。
    その後新車が次々と発売されるのはなぜ?納車が先でしょう?
    契約をキャンセルして現在の車を車検取って2年先延ばしを考えてる。

    • 開発と製造は別問題として考えるべきでは?
      半導体などの供給不足もあるから、車種によっては納期が係っているのは、どのメーカーも同じです。
      新車が待てないなら中古市場を探すか、キャンセルするしかないですね。
      納車を待ってるのは、特段あなただけじゃないですよ。

    • 自分中心に考えてしまったようですね。
      レストランとかならそうだろうけどね。

  2. カスタムZ、しかもターボ車が設定されたのは、現行スティングレーの顔があまりにもカッコ悪いからだと個人的には思っている。だって、カスタムZの顔は先代スティングレーそっくりじゃないか。走っている(見かける)スティングレーは先代ばかりだし。