斬新顔のホンダ新型SUV「ZR-V」登場へ! 日本と北米でデザイン違う!? あなたはドッチ派?

ホンダが2022年秋に発売予定の新型SUV「ZR-V」が話題となっています。この新型ZR-Vは、北米では新型「HR-V」と基本的に同じモデルですがデザインが異なっています。

日本の新型ZR-V vs 北米の新型HR-V

 ホンダが2022年秋に発売を予定する新型「ZR-V」は、11代目「シビック」をベースとしたSUVです。

 北米では新型「HR-V」として2022年6月にデビューしており、早くも販売好調だといいます。

上:新型「ZR-V」(日本仕様)/下:新型「HR-V」(北米仕様)
上:新型「ZR-V」(日本仕様)/下:新型「HR-V」(北米仕様)

 日本仕様の新型ZR-Vと北米仕様の新型HR-Vは、フロントグリルのデザインが異なります。

 どちらのデザインが好みか、SNSのユーザーにアンケートを実施してみました。

 その結果、日本仕様の新型ZR-Vを選んだ人が57.7%と、北米仕様の新型HR-Vを選んだ人(42.3%)を上回りました。

 新型ZR-Vは「グラマラス&エレガント」をキーワードに美しく洗練されたデザインが特徴。日本仕様のグリルはバーチカルグリル(縦グリル)を装着するのに対し、北米仕様の新型HR-Vのグリルは六角形のハニカムスタイルのグリルを採用しました。

 なお、このハニカムグリルはグレードにより2種類用意されています。

 新型ZR-Vの縦グリルが好みという回答者からは、「縦に走るグリルがカッコいい」「キリッとしている」「北米仕様にゴツい感じではなく、上品にまとまっている」など、スタイリッシュな新型ZR-Vに好感を抱くコメントがあがっています。

 また、「縦グリルのほうが洗車しやすい」という実用的な意見もありました。

 一方で、北米の新型HR-Vの方が良いという意見としては、「北米グリルのほうがスポーティ」「国内向けは洗練されたデザインにしたようだが、北米のカジュアルなデザインが好き」「北米仕様はタフな印象」などが寄せられました。

 日本仕様の新型ZR-Vは上品でスマートなデザイン、北米の新型HR-Vはスポーティでワイルドなデザインを特徴としており、各仕向け地に適したスタイルを取り入れているようです。

※ ※ ※

 日本ではヴェゼルの兄貴分となる新型ZR-Vですが、とくに後席やラゲッジスペースはヴェゼルよりも余裕を持たせているようです。

 なお、新型ZR-Vのパワートレインは、「シビック e:HEV」で新開発した2リッター直噴エンジンと2モーター内蔵電気式CVTの「スポーツe:HEV」(ハイブリッド)を搭載したほか、1.5リッターターボエンジン+CVTのガソリンモデルも設定される予定です。

【画像】日本はオシャレ、北米はワイルド!? ホンダの“シビックSUV”国内上陸へ!(35枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 俺は日本仕様の方が好きだな〜

  2. 商材写真のボディカラー(=販売時のイメージカラーね)のセンスも含めて北米仕様に一票。