お値段2700万円超! メルセデスGクラスに特別仕様車2モデル 黒ロゴ凛々しい「マグノヒーロー」は限定300台

メルセデス・ベンツ日本が、特別仕様車「メルセデスAMG G63エディション55」と「メルセデスAMG G63マグノヒーローエディション」を発表しました。どのような特徴があるのでしょうか。

両モデルともすでに予約受付中

 メルセデス・ベンツ日本は2022年7月28日、高級SUV「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63エディション55」と「メルセデスAMG G63マグノヒーロー(Magno Hero)エディション」を発表しました。

「メルセデスAMG G63マグノヒーローエディション」
「メルセデスAMG G63マグノヒーローエディション」

 ベースのG63は、現行モデルが2018年に登場。オフローダーとしてのGクラスに、AMGのモータースポーツで培ったテクノロジーを搭載したトップパフォーマンスモデルです。

 最高出力585PS(430kW)、最大トルク850Nmを発揮する4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載。さらにG63の専用装備として、強化ブレーキをはじめ、コーナリング時やブレーキング時には硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで高い安定性や俊敏なハンドリングを実現する専用サスペンションを採用しています。

※ ※ ※

 今回設定されたEdition 55は、AMG創業55周年を記念した特別仕様車です。日本では限定200台が販売されます。

 ボディカラーは「オブシディアンブラック」と、有償オプションの「オパリスホワイト」)を100台ずつ設定。

 外観は、サイドミラー、スペアホイールカバーリングにオブシディアンブラックのアクセントを施したほか、マットタンタライトグレーペイントの22インチAMGクロススポークアルミホイールと、専用デカールを特別装備しています。

 内装は、Edition 55専用ロゴをあしらったDINAMICA仕様のAMGパフォーマンスステアリングを採用。

 さらに、シートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター、リラクゼーション機能を備えた滑らかな肌触りのナッパレザーシート、トリムの随所にカーボンを採用しスポーティな印象を演出するAMGマットカーボンインテリアトリムを標準装備しています。

 価格(消費税込)は2750万円です。予約受付はすでに始まっており、納車も7月28日から順次予定されています。

※ ※ ※

 G63マグノヒーローエディションは、ボディカラーに3種類の完全新色「グリーンヘルマグノ」「マグノオパリスホワイト」「マグノコッパーオレンジ」を設定。

 これらマットペイントの3色と、バンパー、ルーフトップ、ドアミラー、スペアホイールカバーリングなどにマグノナイトブラックのアクセントを施し、さらに前後のスリーポインテッドスターとモデルバッジをブラック仕様に、ヘッドライトやウインカーなどをブラックスモーク仕様にするなどして特別感を強調しています。

 足回りは、マットブラックペイントの22インチAMGクロススポークアルミホイールを特別装備しています。

 内装は、カーボンとDINAMICAを使用したステアリングを採用。さらに、シートと接する部分の蒸れを防ぐシートベンチレーター、リラクゼーション機能を備えた滑らかな肌触りのナッパレザーシート(ダイヤモンドステッチ入り)、ナッパレザーダッシュボードを標準装備しています。なお、レザーには外装色に合わせたステッチが施されます。

 全国で計300台限定。価格(消費税込)は2860万円です。予約受付はすでに始まっており、納車は10月から順次予定されています。

メルセデスAMG・Gクラス のカタログ情報を見る

【画像】専用ロゴ&専用色!「G63エディション55」「G63マグノヒーローエディション」をもっと見る(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント