夏冬通して履けるミシュランのSUV用全天候型タイヤ「クロスクライメート 2 SUV」発売

日本ミシュランタイヤの全天候型タイヤ「ミシュラン クロスクライメート2」シリーズに、SUV用が新たにラインアップされました。雪道も走れる夏タイヤです。

急な降雪にも対応できるSUV用全天候型タイヤ

 日本ミシュランタイヤは、SUV用全天候型タイヤ「ミシュラン クロスクライメート(MICHELIN CROSSCLIMATE) 2 SUV」を2022年8月8日より発売開始します。サイズは17インチから20インチの計30サイズとのことです。

ミシュラン クロスクライメート2 SUV
ミシュラン クロスクライメート2 SUV

「ミシュラン クロスクライメート2」シリーズは「夏タイヤに求められるハンドリング性能やドライ、ウェット時のブレーキング性能を高い水準で満たしながら、急な降雪での雪上走行も可能にした」(リリースより)という全天候型タイヤです。

 その新製品である「ミシュラン クロスクライメート 2 SUV」は、従来品と比較しさらなる性能向上が図られているといい、ブレーキング性能は雪上で7%、ウェット路面で6%、ドライ路面で5%向上しているとのことです。

 具体的には、さまざまな路面状況に対応する新開発のトレッドコンパウンド「サーマル・アダプティブ・コンパウンド」を採用し、そのトレッドには「排水、排雪性能に貢献する、センター部からショルダー部にかけて溝面積が広くなる新設計『新Vシェイプトレッドパターン』」「ブロックの倒れ込みを防止し、接地面を最大化しドライ路面で高い制動力を発揮する『ブイランプ エッジ』」「ブロック同士が互いに支え合い倒れ込みを抑制し、グリップ力と耐摩耗性、転がり抵抗低減に寄与する『エルイーブイ サイプ』」「摩耗するにしたがいブロック面に凹凸と溝が出現、摩耗時におけるウェット、雪上性能を向上させる『ピー エッジ』」といった技術を投入したといいます。

 これらによって、国際基準で定められた「シビアスノータイヤ要件」に適合しており、タイヤのリムには「スリーピークマウンテンスノーフレークマーク」と、マッド(泥)&スノーを意味する「M+S」が刻印されています。夏場のドライやウェットでの走行はもちろん、冬季もシャーベットや圧雪程度であれば走行が可能で、高速道路の冬用タイヤ規制にも対応、ただし凍結路には適合しておらず、「全車チェーン規制」時にはチェーンの装着が必要です。

 また、道路運送車両法に基づくスリップサインとは別に、タイヤの摩耗度を25%、50%、75%の3段階で表示する「トレッドウェアサイン」を新採用、ミシュランマンのスリップサインとあわせ、摩耗の度合いをより具体的に把握できるようになりました。

 価格はオープン、前述のように2022年8月22日より各サイズ順次、発売開始です。

【画像】「クロスクライメート2 SUV」のトレッド詳細や路面適合表を見る(6枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー