雨の日の事故率は4倍増!? 「自分は大丈夫」と過信しないで! 台風&ゲリラ豪雨で注意すべきコトは?

台風やゲリラ豪雨といった状況では、視界不良や強風による操作ミスなどの影響があります。とくに気をつけたい雨の日の運転時には具体的にどのような部分に注意すべきなのでしょうか。

台風やゲリラ豪雨で気をつけるべきことはナニ?

 夏になると、台風やゲリラ豪雨といった自然現象により、雨で視界が悪いなかを運転する機会が増えます。
 
 また、雨のほかに風の強さも運転時には気をつけておきたいポイントですが、具体的はどのような部分に注意すべきなのでしょうか。

台風やゲリラ豪雨ではとくに視界不良や操作ミスに気をつけたい!
台風やゲリラ豪雨ではとくに視界不良や操作ミスに気をつけたい!

 雨の日の運転は、視界不良以外に路面状況の変化にも注意が必要で、首都高速やタイヤメーカーなど調査では、晴天時と比較すると事故件数は約4倍も高くなっているといわれています。

 強い雨が降っている場合では、ワイパーを動かしても視界は不鮮明なほか、対向車が巻き上げる雨水によって視界が塞がれてしまうこともあり、そのような状態での運転は危険です。

 また晴天時よりも薄暗いこともあり、雨の日では時間を問わずヘッドライトを点灯することで、対向車に自車の存在を知らせことができ、傘などを差している歩行者側の認知時間も早まります。

 一方で路面状況にも注意が必要です。例えば、速度が高いまま、カーブに進入し、その結果として生じるスリップ、追い越し時の急加速による直線でのスリップ、ほかにも轍の水たまりに進入した際にスリップするなど路面状況によってスリップの危険性が高まります。

 さらに、濡れたマンホールや道路の繋ぎ目鉄板を越えようとしたらタイヤが滑ったということ人もいます。

 また、高速道路では、一般道路よりも速度域が高くなり、タイヤと路面の間に水が入り浮いた状態になる「ハイドロプレーニング現象」も起きやすくなるので注意が必要です。

 首都圏でロードサービス事業をおこなうスタッフは次のように話しています。

「雨の日は、晴天時比べて視界、ハンドル感覚、ブレーキ感覚などが異なってきます。

 例えば、晴天時に『これくらいでブレーキを掛ければ止まる』という感覚が雨の場合『思った以上に止まらない』ということも考えられます。

 また、対向車や歩行者、自転車も雨によって視界が悪くなっていますので、こちらが注意していてもトラブルに巻き込まれる可能性もありえるために、雨の日はとくに周囲にも気を配ってください」

【画像】ゲリラ豪雨はココに気をつけて! 雨の日の運転で危険なコトを写真で見る!(16枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント