道端の電子レンジも怖い!? 「移動式オービス後遺症」とは? ドライバーが錯覚しそうな白くて四角い物体の数々

オービスにより検挙されると、その人には“後遺症”が現れるようです。思わず反応してしまう「道端の白くて四角い物体」は、どんなものがあるのでしょうか。

移動式オービスで検挙されたドライバーを襲う「後遺症」?

 どこでも速度違反を取り締まることができる移動式オービスが、全国で増加中です。そして移動式オービスにより実際に検挙されたドライバーも増えてきました。

 従来からある固定式オービスは赤切符の違反が対象でしたが、移動式オービスは青切符でも検挙されます。私(オービスガイド 大須賀克巳)が携わる「オービスガイド」のサポート窓口に、検挙された人から連絡を度々頂くことがあります。

 皆さんのお話を聞いていくと、なにやら移動式オービスのいわば“後遺症”ともいえる症状が現れるようです。

道端にたたずむ電子レンジと、「取締り重点路線」の標識(画像:オービスガイド)
道端にたたずむ電子レンジと、「取締り重点路線」の標識(画像:オービスガイド)

 例えば、LSM-300という白い直方体の移動式オービスがあります。このオービスに15km/hオーバーで撮影され1万2000円の反則金を納めた人によると、それ以後は運転中に白い四角い物体に異常に反応するようになったようです。

 路肩にある配電盤ボックスや信号の制御機はもちろん、ジュースの自動販売機の横に置かれた白いゴミ箱までもが移動式オービスに見え、心拍数が一瞬上がる感じがするそうです。虫が嫌いな人が、落ち葉や小枝を虫と錯覚するのに近いのかもしれません。

 そんな“移動式オービス後遺症”の人々をハラハラドキドキさせる有名な物体が、宮城県内の某所にあるようです。移動式オービスだとする誤投稿がオービスガイドにも何度かあったため、私も実際に現地へ行ってみました。

 現場は田園風景が広がるのどかな場所ですが、運転しながら目的地へ近付いていくと、緑や茶色といったアースカラーの景色の中に、違和感のある真っ白い直方体の人工的な物体が見えます。

 確かに遠くから見たときは、取締り機器のように感じましたし、背後には偶然かつご丁寧に「取締り重点路線」の看板も。個人的にはLSM-200というネズミ捕り用の最新機器かと思いました。

 しかし徐々に近付いていくと、それは家庭の台所にあるごく普通の電子レンジでした。白い金属製の箱の正面には、いかにもセンサーやカメラが仕込まれていそうな窓が付いており、錯覚を生じさせるには十分な形状をしていました。

 しかし、なぜそもそも、ここに電子レンジがあるのでしょうか。

 ちょうど近くの田んぼでラジコンボートのような「アイガモロボ」というハイテク装置の研究をしている方がいらしたので、お話をお聞きしました。

 いわく「電子レンジは新聞受けとして利用しており、配達員の方が奥の家まで入って行かなくても良いように」という配慮のようです。また「通常の郵便ポストよりも作りがしっかりとしているので、雨風から新聞を守るのに最適」とのこと。予想外の答えでしたが、納得の回答でした。

 余談ですが、アイガモロボは農薬を使わずに雑草の生長を抑制するロボットで、多くのメディアでも取り上げられている全国販売開始間近の製品です。

【画像】移動式オービス…ではない道端の白くて四角い機器を見る(10枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント