黒すぎてもはやブラックホール! 「世界一真っ黒なポルシェ」が日本に登場

2022年7月4日、岐阜県のピットワンは世界一黒いポルシェを発表しました。このクルマは世界一黒い塗料「真・黒色無双」で塗装されているといいます。

黒すぎて周囲からの認識率も下がる?「真・黒色無双」のポルシェ爆誕

 2022年7月4日、岐阜県のピットワンは光陽オリエントジャパン株式会社とコラボして世界一黒いポルシェを制作したと発表しました。

光吸収率99.4%という世界一黒い水性アクリル塗料「真・黒色無双」を使って全塗装したポルシェ「911」
光吸収率99.4%という世界一黒い水性アクリル塗料「真・黒色無双」を使って全塗装したポルシェ「911」

 ピットワンはクルマの鈑金塗装、新車・中古車販売、車検・整備などクルマにまつわる事業を展開しています。

 今回ピットワンが作成した「世界一真っ黒な車」は、塗料「真・黒色無双(英語名:MUSOU BLACK)」を使用して全塗装されたポルシェ「911」です。

 真・黒色無双は、光陽オリエントジャパンが2020年9月に販売を開始した、光吸収率99.4%という世界一黒い水性アクリル塗料です。対象物の表面に非常に大きな表面積の粉状塗膜層を作ることで、光を層の内部に閉じ込めて超低反射の黒い外観を得られます。粉状の光吸収層のため、塗膜の強度は非常に低く、軽い接触でも光沢の発生や塗膜の剥がれが発生するため、車の全塗装には不向きとされています。

 また通常のクルマの塗装とは大きく違い、周りが暗くなると影のようになってしまうため、周りから認識しにくくなることから、ピットワンでは念のため公道走行前に警察と陸運局に確認のうえ、公式動画などを撮影したといいます。

 世界一黒いといえば、2019年フランクフルトのモーターショーに出展された「VANTA BLACK(ベンタブラック)」を採用したBMW「X6」が話題を呼びましたが、ピットワンによると真・黒色無双は、BMWの全反射率1%よりも更に黒い全反射率0.6%となることから「世界一真っ黒な車」だとしています。

 この世界一真っ黒な車は7月末日までピットワンにて見ることが出来ます。

【画像】黒すぎて違和感しかない…「世界一真っ黒な車」をもっと見る(10枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 夏場、瞬時にホットプレートになりそう…w

  2. 炭の粉を吹き付けたような粉っぽい黒さを感じたのは、粉体塗装だったからなのね😅事故率と保険料が一気に上がりそうな予感( ̄▽ ̄;)普通に昼走っても、この黒さは浮いてる気がする。