ホンダ新「フリード」ブラック仕様が登場! 「ファブテクト」新採用した清潔快適ミニバンの姿とは?

ホンダ「フリードシリーズ」が一部改良を受け、2022年6月24日に発売されました。どのようなポイントが改良を受けたのでしょうか。

人気ミニバン「フリード/フリード+」が一部改良! さらにブラック仕様を設定!

 ホンダは、一部改良した「フリード/フリード+」を2022年6月24日に発売しました。

 装備の拡充などでよりいっそう商品力を増し、さらに特別仕様車「ブラックスタイル」も追加されたといいますが、どのような仕様で登場するのでしょうか。

一部改良を受けたホンダ「フリード」(画像はブラックスタイルとは異なります)
一部改良を受けたホンダ「フリード」(画像はブラックスタイルとは異なります)

 ブラックスタイルはGグレードをベースに、マットグレーのフロントグリルやダーククロームメッキのフロントグリルガーニッシュ/リアライセンスガーニッシュを装備。

 またアウタードアハンドルやドアミラーにクリスタルブラック・パールの塗装を施したほか、ブラックの15インチアルミホイールやクリアタイプのLEDハイマウントストップランプの装備により、上質で洗練された仕様としています。

 一方、フリード/フリード+におこなわれた一部改良では、運転席・助手席シートヒーター、コンフォートビューパッケージ、ロールサンシェードなどを標準装備化したほか、シート表皮として汚れにより強い撥水撥油加工が施された「FABTECT」を新採用しています(7月14日に一部改良するModulo Xでは一部装備が異なります)。

 一部改良したフリードの価格は227万5900円から、フリード+の価格は236万9400円からに設定されます。

※ ※ ※

 フリード/フリード+は、現行モデルが2016年に登場。3列シート車のフリードと、2列シート車のフリード+という2本立てで登場しました。

 2019年にビッグマイナーチェンジを受け、内外装デザインを大きく刷新。現在のスタイルになっています。

 2021年6月末には、初代(2008年発売)からのフリードシリーズの国内累計販売台数が100万台を突破。ホンダの国内ラインナップを代表するモデルのひとつとして、今後どのような進化を遂げるのかにも注目が集まります。

 それではここでクイズです。

 前述した2019年のビッグマイナーチェンジで、フリード/フリード+にはSUVルックの新仕様が追加されました。その名前とは、いったい何でしょうか。

【1】カントリー

【2】クロスター

【3】エアロデッキ

【4】フェリオ

※ ※ ※

 正解は【2】の「クロスター」です。

 フリード・クロスターは、専用デザインのバンパーやLEDフォグライト、ルーフレール、シルバー塗装の専用ドアミラーといった特別装備により、アウトドアシーンにも映えるスタイルを表現。

 内装の木目調インパネミドルエリア(プライウッド)やプライムスムース×ファブリックのコンビシートも、専用装備となっています。

ホンダ・フリード のカタログ情報を見る

ホンダ・フリード+ のカタログ情報を見る

【画像】ホンダ新「フリード」ブラック仕様が登場! 汚れに強い「ファブテクト」採用して進化! 画像で見る(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント