未来感ハンパない! トヨタ新型「RAV4」デジタルメーター搭載でカッコ良さアップ! 欧州で改良

欧州でトヨタ「RAV4/RAV4 プラグインハイブリッド」の2023年モデルが発表されました。どのようなところがアップデートされたのでしょうか。

マルチメディアシステムが最新版にバージョンアップ

 トヨタの欧州法人は、「RAV4/RAV4 プラグインハイブリッド」(以下、新型RAV4)を一部改良することを2022年6月22日に発表しました。

 2023年モデルのRAV4は、新型RAV4では、フレキシブルな表示設定が可能なデジタルコンビメーターを新たに導入されます。

ホワイトの新色が追加されたトヨタ「RAV4 2023年モデル」(欧州仕様)
ホワイトの新色が追加されたトヨタ「RAV4 2023年モデル」(欧州仕様)

 12.3インチの大型TFTディスプレイは、「カジュアル」「スマート」「スポーツ」「タフ」の4つのスタイルと3つのレイアウトから選択でき、エコドライブメーターや楽曲情報、アダプティブクルーズコントロールなども表示されるなど、先進的なコクピットを実現しています。

 また、10.5インチの高精細カラーディスプレイを採用した、トヨタ最新のマルチメディアシステムが搭載されました。

 クラウドベースのナビゲーションシステムによって常に情報が更新されるほか、交通渋滞や道路状況、目的地付近での駐車場などもすぐに確認することが可能となります。

 さらに、スマートフォンアプリ「MyT」と連携することで、運転解析や燃料残量、警告、車両追跡など、さまざまな車両情報を把握することができ、Android Autoによるスマートフォン連携機能や、Apple CarPlayはワイヤレス接続できるなど利便性を高めました。

 ほかにも、新しいオンボードボイスエージェントを使用してクルマとコミュニケーションも可能。会話文を理解するように設計されているので、「寒い」といえば、窓を閉めたり、エアコンの温度を上げたりしてくれます。

 さらに、新型RAV4では、ドライバーが車内や近くにいなくても活用できるリモート機能が充実。窓の開閉状況やドアロックの有無など、リモートで車両の状態を確認することができます。

 安全面では、「トヨタセーフティセンス」の機能を強化。

 プリクラッシュシステム(PCS)は、交差点でより安全に曲がるようにサポートしたり、対向車の進路を横切ろうとしているときや、道路を横断する歩行者を検知して警告し、必要に応じてブレーキ制御をおこなって衝突回避を支援します。

 また、エマージェンシー・ステアリング・アシストも新たに搭載。道路に飛び出した歩行者を避けながら、車線を維持したままコントロールできるようアシストします。

 新型RAV4 プラグインハイブリッドは、自転車や駐車車両も認識するほか、プリクラッシュシステムは車線内の対向車を検知し、正面衝突の危険性を低減する機能も備えています。

※ ※ ※

 ボディカラーは新色を採用され、「アドベンチャー」を除く全グレードに新色の「プラチナホワイト・パール」が導入されます。

 さらに、「スタイル」グレードには、「プラチナホワイト・パール」と「ミッドナイトブラックメタリック」の2トーンカラーも設定されました。

トヨタ・RAV4 のカタログ情報を見る

【画像】最新「RAV4」の新しいデジタルメーター、かっけー! どんな風に表示されるか画像を見る(12枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント