キター! スズキが斬新な新型「ラパンLC」発表! エモい「黒ウサギ」参上!? デカ目仕様は大好評?

スズキは、2022年6月17日に「ラパン」を一部改良し、あらたなタイプとして「ラパンLC」がラインナップされました。フロントデザインが一新されているラパンLCに、SNSではさまざまなコメントが寄せられています。

あのクルマを彷彿とさせる「ラパンLC」に「エモい」の声

 スズキは、2022年6月17日に「ラパン」を一部改良し、同時に新仕様である「ラパンLC」をラインナップしました。
 
 フロントデザインが一新されているラパンLCに、SNSではさまざまなコメントが寄せられています。

こんなにデカ目なクルマがあっていいの? 「良いんです!」 新型「ラパンLC」ってどんなクルマ?
こんなにデカ目なクルマがあっていいの? 「良いんです!」 新型「ラパンLC」ってどんなクルマ?

 ラパンの正式名称は「アルトラパン」となり、同ブランド「アルト」の派生車種として2002年に誕生しました。

 コンパクトなボディに、角の取れた丸みのあるボディで愛らしく、人気の根強いモデルです。
 
 2015年には、3代目となる現行型が登場し、丸みを帯びたボディや丸目のヘッドライトによって、さらに愛嬌のあるスタイルへと変化しました。

 とくに現行型では、ウサギをモチーフにしたエンブレムやメーターまわりなど、女性に親しみやすいデザインとなっています。

 そんななか今回、新顔として仲間入りしたラパンLCは、どのようなモデルになっているのでしょうか。

 スズキによると、ラパンLCは、同ブランドが1967年に発売した「フロンテ360」(LC10型)をデザインモチーフにしているとのことで、通常の現行型ラパンとは、フロントデザインが異なります。

 とくに特徴的なのが、メッキのフロントグリルガーニッシュやヘッドランプガーニッシュで、チャームポイントである丸目のライトを強調しつつ、レトロな雰囲気も演出します。

 一方、モチーフとなっているフロンテ360は、1962年から1989年まで長らく販売されていた乗用車で、とくに2代目モデルのライトの形状やフロントグリルガーニッシュのデザインなどは、ラパンLCに継承されているように見て取れます。

 では、そんなラパンLCについてSNSでは、どのような反響が見られるのでしょうか。

 当初、ラパンLCの情報が出回った6月上旬頃には「スズキ…?嘘だよな…?コラであってくれ…」「フロンテのオマージュなのは分かるけどもうちょっとこう…なんとかならんかったか…」など、否定的な意見も見られました。

 しかし、正式にラパンLCが発表された以降は、「誰もがフロンテのオマージュと認識できる記号の扱いのうまさ」「エモい。これめっちゃいいじゃん」「新型ラパン、見た瞬間に素晴らしいデザインだと思った」と、肯定的な意見が多く挙げられています。

 これまでのデザインから一新され、特徴的なガーニッシュ類が追加されたため、人によって好みは分かれるようですが、ラパンLCについて、「はやく実車を見たい!」と期待しているユーザーも少なくありません。

 ちなみに、ラパンLCは内装も可愛らしく、ワインレッドが入ったダークブラウンとベージュの本革ステアリングを採用。シートには、ブラウンをベースにレザーとファブリックの仕様が採用されています。

 フロンテ360の世界観をしっかりと継承した、レトロチックな内装となっています。

※ ※ ※

 なお、ラパンLCのディーラーオプションには「ブラックスタイル」仕様に、カスタマイズできるアイテムも用意されています。

 通常メッキであるフロントグリルガーニッシュなどを、ブラックカラーのアイテムに変更することで、スタイリッシュな雰囲気を実現するというものです。

 さらには、ウサギがあしらわれたエンブレムはスモークメッキ塗装になり、ただかわいいだけでない“黒ウサギ”が姿を見せています。

通常同様にレトロな雰囲気を残しつつ、シンプルでクールな印象をもたせたい人には、うってつけのオプションといえそうです。

スズキ・ラパン のカタログ情報を見る

【画像】なーに!? 黒うさぎ参上!? ブラックなアイツはどこにいる? 画像で確認だ!(42枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント