ダイハツが特別な「コペン」を初公開! 専用装備満載の「20th Anniversary Edition」を2022年9月に発売へ

2022年6月19日に軽オープン「コペン」の20周年を記念した「コペン20周年記念特別仕様車(COPEN 20th Anniversary Edition)」が発表されました。

20周年を記念した特別な「コペン」発表

 ダイハツは、軽オープン「コペン」の20周年を記念した「コペン20周年記念特別仕様車(COPEN 20th Anniversary Edition)」を2022年6月19日に発表しました。

初代コペンの発売から20年を記念した特別仕様車が2022年9月に発売される
初代コペンの発売から20年を記念した特別仕様車が2022年9月に発売される

 2002年6月に初代コペンが発売され2022年6月で20年を迎えました。

 初代コペンは、誰もが気軽に楽しめる本格的オープン・スポーツカーとして開発。

 ユニークなエクステリアデザインや電動開閉式ルーフ(アクティブトップ)などの高い商品性と「持つ悦び、操る楽しさ」という新しい価値観を提供しています。

 2014年には、2代目コペンを発売。コペンの象徴ともいえる電動式開閉ルーフは継承しつつ、新骨格構造「D-Frame」や内外装着脱構造「DRESS-FORMATION」の採用により「感動の走行性能」と「自分らしさを表現できるクルマ」を実現しました。

 2代目コペンでは、「Robe」、「XPLAY」に加え、2015年に「Cero」をラインナップ。さらに、2019年には第4のモデルとして「GR SPORT」を発売しています。

 今回の20周年記念車のエクステリアは、丸目のヘッドランプが初代を想起させる「Cero」をベースに、1台1台職人が手作りでつくりあげるコペンの上質さを際立たせる特別装備として、2代目に初めて本革製のスポーツシートを採用しました。

 自然のなかで美しく映える、アイボリーの内装色とシートのコーディネートに加え、20周年の記念エンブレムとシリアルナンバー入りのスカッフプレートで特別感を演出しています。

●20周年記念特別仕様車専用装備

 「エクステリア」
 ・BBS製鍛造16インチアルミホイール
 ・Bi-Angle LED ヘッドランプ
 ・専用エンブレム
 ・メッキアウターハンドル

 「インテリア」
 ・MOMO製本革巻きステアリング
 ・自発光式3眼メーター
 ・本革巻きシフトノブ
 ・アイボリーインパネガーニッシュ
 ・スポーツシート(本革製・アイボリー<コペンロゴ入り>)
 ・ドアトリム(合成皮革製インサート・アイボリー)
 ・スカッフプレート(運転席側シリアルナンバー入り)※5
 ・メッキインナードアハンドル/メッキパーキングブレーキボタン/メッキエアコンレジスターノブ

 「機能面」
 ・専用補強(フロントブレース)
 ・フロントスーパーLSD(5MT車のみ)

※ ※ ※

 今回、コペンが20周年を迎えるにあたりダイハツは次のように説明しています。

「2022年6月で2002年の初代コペン発売から20年を迎えました。

 ご愛顧いただいたお客様と、これまで20年間に渡り、コペンを支えてくださった多くの皆さまへの感謝を申し上げるとともに、これからもダイハツは軽自動車の可能性と走る楽しさをお届けすべく、フラッグシップカーとしてコペンを作り続けます」

 なお、20周年記念車は1000台限定生産となり、2022年6月20日より先行受注を開始し、同年9月に発売予定です。

ダイハツ・コペン のカタログ情報を見る

【画像】スポーティで特別な「コペン」発表! 専用装備スゴい実車を見る!(13枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント