“アルファード風SUV”迫力が進化!? ダーク顔強調の新型「パリセードXRT」世界初公開! 5m級巨体で米国発表

ヒョンデが、2022年6月16日に新型「パリセード」の価格を発表しました。あわせて、XRT仕様の画像も公開しています。迫力満点のスタイルですが、どのような3列シートSUVなのでしょうか。

ダーク仕様の大型フロントグリルを装備

 ヒョンデは、2023年6月16日(現地時間)に新型「パリセード」(2023年モデル)の米国価格を発表、あわせてアウトドアテイストを高めた仕様「XRT」の画像を公開しました。

 迫力あるスタイルが特徴の新型パリセードですが、専用パーツでさらに存在感を増したXRTグレードは、どのような仕様に仕上がっているのでしょうか。

ヒョンデ新型「パリセードXRT」
ヒョンデ新型「パリセードXRT」

 パリセードは、ボディサイズが全長4980mm×全幅1975mm×全高1750mm。北米だけでなく、韓国や東南アジアなどでも販売される3列シートSUVです。

 フェイスリフトした2023年モデルは、2022年4月のニューヨークモーターショー2022で世界初公開されました。

 高級ミニバンのトヨタ「アルファード」や、軽自動車のカスタム系グレードの顔つきを連想させる、メッキ加飾入りの大型フロントグリルが特徴。ロアグリル部付近まで伸びたメッキが存在感を放ちます。

 搭載されるエンジンは最高出力295馬力を発揮する3.8リッターV型6気筒で、8速ATが組み合わされます。

 パリセードに設定されるXRTグレードでは、スキッドプレートやロアドアガーニッシュ、ロゴ入りのルーフレールなどの専用装備が追加され、よりタフなデザインを実現。ダーク仕様のフロントグリルも装着されます。

 H-Texレザーのシート表皮もブラックが採用されました。

 駆動方式として、トウモードやロックモードを備えたHTRAC全輪駆動システムを装備。悪路においても安定した走行性能を発揮します。

 新型パリセードの価格は、3万4950ドルから5万800ドル(約469万円から約682万円)に設定されます。XRTグレードの価格は4万2150ドル(約566万円)です。

【画像】オラ顔SUVが迫力進化! 5m級ボディの新型「パリセードXRT」初公開! 画像で見る(71枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. いろんなデザインパクったらこんなんできました!

  2. 顔面は三菱から頂いたニダ!

  3. 三菱は訴えよう(笑)