スズキが新型「アルトラパン」発表! 新顔「LC」初公開&安全性能改良! 125万円から

スズキは「アルトラパン」を一部改良して安全性が向上したほか、新モデルの「LC」を追加設定しました。

かわいい系「ラパン」にレトロ調の新モデル追加!

 スズキの軽自動車「アルトラパン」が一部改良し、2022年6月17日に発売されます。

レトロ顔を採用したスズキ「アルトラパン LC」
レトロ顔を採用したスズキ「アルトラパン LC」

 今回の一部仕様変更では、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを全車に標準装備。すれ違い支援機能や左右確認サポート機能、3Dビュー表示機能を追加するなど、安全性が向上しました。

 また、USB電源ソケット(Type-A/Type-C)を全車に標準装備。また、「X」にメッキフロントグリルや「ナノイーX」搭載フルオートエアコン、360°プレミアムUV&IRカットガラスを追加し、「L」「X」にはLEDヘッドランプを採用するなど、装備の充実を図っています。

 さらに、7インチのディスプレイオーディオを採用し、バックアイカメラ映像の表示やさまざまな車両情報の確認を可能としました。

 ボディカラーは、新色の「トラッドカーキメタリック」と「テラコッタピンクメタリック」を設定したほか、2トーンルーフ仕様車のルーフ色に「ソフトベージュ」を採用。また、「X」はメッキフロントグリルを取り入れています。

 インテリアには、「X」のシート表皮に「ライトブラウン」と「ライトグリーン」を採用しました。

 一部改良に加えて、アルトラパンの「L」「X」をベースとした新たなモデルとして「アルトラパン LC」が追加されます。

 アルトラパン LCは1967年発売された「フロンテ360(LC10型)」をモチーフにしており、外観には専用のメッキフロントグリルガーニッシュやメッキヘッドランプガーニッシュ、メッキバックドアガーニッシュ(LCエンブレム付)などを装着し、どこか懐かしさを感じるデザインとしました。

 インテリアには、ブラウンを基調としたレザー調&ファブリックシート表皮や専用色の本革巻ステアリングホイールなどを採用し、落ち着きのある空間を実現。

 2トーンルーフ仕様車のルーフ色には「ソフトベージュ」に加え、専用の「アーバンブラウン」を採用しました。

 価格(消費税込)は、アルトラパンが125万1800円から159万7200円、アルトラパン LCが140万9100円から164万6700円です。

スズキ・ラパン のカタログ情報を見る

【画像】フロンテ360が復活!? 超個性的なレトロ顔採用したスズキ新型「アルトラパン LC」(41枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント