新型SUVミニバン「エクスパンダークロス」泰で発売! 三菱の“黒顔”強調で約360万円

三菱のタイ法人が、2022年6月7日に新型「エクスパンダークロス」を現地で発売しました。新たにCVTが搭載されたほか、フロントグリルにブラックメタリック塗装が施されます。

最低地上高は220mmを確保

 三菱のタイ法人は、2022年6月7日に新型「エクスパンダークロス」を現地で発表・発売しました。改良を受けたSUVミニバンは、どのような点が進化したのでしょうか。

タイ仕様が発売された三菱 新型「エクスパンダークロス」
タイ仕様が発売された三菱 新型「エクスパンダークロス」

 エクスパンダークロスは、三菱が東南アジアを中心に展開する「エクスパンダー」をベースに、SUVらしさを高める外観パーツを追加したモデルです。

 スキッドプレートやフェンダーモール、ルーフレールなどの装備によって、さらにタフな印象のデザインとしました。

 ベースのエクスパンダーと同様、最低地上高は220mmと高めに設定されており、ドライバーに安心感を与えます。

 今回の改良で、タイ仕様のエクスパンダークロスは新たにCVTを搭載。より高効率な走りを実現します。搭載されるエンジンは最高出力105馬力・最大トルク141Nmの1.5リッターガソリンです。

 三菱のファミリーフェイス「ダイナミックシールド」を踏襲したフロントグリルは新たにブラックメタリック塗装が施されたほか、内装は水平基調にデザインされた新デザインのインパネを採用。

 ステアリングも新タイプとなっており、開発にあたってはタイ在住のユーザーにも商品テストを実施し、より握りやすく安心感を与える形状としました。

 Apple CarPlay・Android Autoに対応した9インチタッチスクリーンも装備されるほか、USB充電口としてタイプA・タイプCの両方を備えます。

 新型エクスパンダークロスの現地での価格は、93万9000バーツ(約360万円)に設定されます。

【画像】三菱“黒顔”強調!? 新型SUVミニバン「エクスパンダークロス」の姿とは? 画像で見る(46枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント