ついにマツダがアウトドアに本気出す!? 都会派「CX-5」がオフローダーにイメチェン! SUV戦略の狙いとは

マツダは「CX-5」にワイルド系のグレードとして「フィールドジャーニー」を設定し、日本で発売しました。一方北米では、オフロードモデルの新型「CX-50」を導入するなど、アウトドアにも力を入れ始めているのはなぜなのでしょうか。

CX-5のアウトドア系モデル「フィールド ジャーニー」

 最近、マツダがアウトドアやオフロードを意識したモデルを日本やアメリカで次々に導入しています。

 その狙いは一体どこにあるのでしょうか。

アウトドアなマツダ「CX-5 フィールドジャーニー」
アウトドアなマツダ「CX-5 フィールドジャーニー」

 日本市場で注目されるモデルといえば、2021年11月に商品改良した「CX-5」で新たにラインナップされた「Field Journey(フィールド ジャーニー)」です。

 コンセプトは「家族や仲間と日常生活もアウトドアライフも楽しむために、都会と自然を自由に行き来するため」という設定です。

 CX-5はマツダのグローバル販売の約3分の1を占める主力車種ですが、国や地域によって使用される実態には若干の差があります。

 CX-5の商品企画責任者を長年にわたり務めてきた松岡英樹氏は「CX-5は洗練された都会派SUVですが、日本のマツダ社員のなかにはCX-5をアウトドアユースする人が結構いました」とCX-5の実態を教えてくれました。

 そうしたなかで、「日本ではフィールドジャーニーをCX-5に設定し、アメリカのCX-50と差別化することになったのです」といいます。

 アメリカの場合、スバル「アウトバック」を筆頭とする最低地上高が高いC/Dセグメントのワゴンが根強い人気があります。

 アメリカのマツダ販売店からも、CX-30とCX-5の中間といえるようなモデルが欲しいという声が挙がり、その結果としてスモール商品群に属するFFプラットフォームを活用したCX-50が誕生しました。

 マツダの現行モデルは、2012年に登場した初代CX-5から始まったマツダ第6世代の改良型プラットフォーム、「マツダ3」からの第7世代のスモール商品群、そして2022年中に日本で発売予定の新型「CX-60」を皮切りとするFRプラットフォーム採用のラージ商品群という、大きく3つのグループに分かれています。

 そうしたなか、グローバルでのSUVのアウトドアやオフロードユースについて、マツダは日米双方の市場性を考慮して、アメリカにはCX-50を、そして日本ではCX-5フィールドジャーニーを導入することになったのです。

 なお、マツダによると、現時点でCX-50が日本市場に導入される計画はありません。

【画像】都会派「CX-5」が本格アウトドア仕様になった!? ゴリゴリのワイルド系「CX-50」との違いは?(30枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント