高速SAは「アバター」がご案内 オペレーターが遠隔で「表情豊かに」接客 NEXCO東が実験

NEXCO東日本とデジタル・フロンティアが、高速道路のSAで、アバターによる有人遠隔接客サービスの実証実験を始めます。どのようなサービスなのでしょうか。

オペレーターの表情をリアルタイムに反映

 NEXCO東日本は2022年6月2日、常磐道下りの守谷SA(茨城県守谷市)で、映像企画・制作を手掛けるデジタル・フロンティアとアバターによる有人遠隔接客サービスの実証実験を始めると発表しました。

接客アバターのイメージ(画像:NEXCO東日本)
接客アバターのイメージ(画像:NEXCO東日本)

 これまで対面で行っていた窓口業務を非接触の遠隔接客サービスにすることで、利用者の多様なニーズに合わせた新たな体験を提供し、利便性の向上を図るといいます。

 また、案内スタッフ(エリアコンシェルジェ)の新たな働き方を検討することも目的といいます。

 期間は6月14日から27日までの2週間。実験は、下り守谷SAのインフォメーションコーナーにアバターを表示するデジタルサイネージを設置し、案内スタッフ(エリアコンシェルジェ)が遠隔で接客対応をします。

 アバターは、デジタル・フロンティアと、ロボット受付サービスなどを展開するユニキャストが共同開発した有人遠隔接客サービス「KSIN(けしん)」を使用。

 操作する人間(オペレーター)の表情をリアルタイムに反映し、豊かな感情表現を実現することから、アバター越しでありながらも対面での接客のような自然なコミュニケーションが実現可能ということです。

【画像】表情豊か!? アバターとオペレーターの接客操作を見てみる(5枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント