なぜ雪国の大半が電気自動車なの? EV&PHEV80%占める「ノルウェー」 日本と異なる事情とは

電気自動車(EV)は、バッテリーへの負荷が大きいことなどから寒冷地や冬場には不向きといわわれています。しかし、世界でもっともEV販売比率が高い地域は北欧諸国です。そのなかでもっともEVが普及しているというノルウェーの事情について探ってみました。

新車の80%以上がEV・PHEVのノルウェー

 バッテリーへの負荷が大きいことなどから、寒冷地や冬場には不向きといわれることの多い電気自動車(EV)。
 
 しかし、意外なことに世界でもっともEV販売比率が高い地域は北欧諸国となっています。
 
 そのなかでももっともEVが普及しているというノルウェーの事情について探ってみました。

日本では日産が高級感のある新型軽EV「サクラ」を実質180万円から販売する
日本では日産が高級感のある新型軽EV「サクラ」を実質180万円から販売する

 IAE(国際エネルギー機関)のレポートによると、2021年における電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)の世界全体での新車販売台数は約660万台にのぼり、前年比2.2倍という急成長を見せています。

 日本でも、軽自動車規格の新型EVである日産「サクラ」と三菱「eKクロス EV」が発表されたほか、トヨタ「bZ4X」やスバル「ソルテラ」なども登場するなどEVの選択肢は広がりつつあります。

 一方、ユーザーの多くは、EVに関して不安を抱えているのも事実です。
 そのなかでも、もっとも心配されることのひとつが寒冷地や冬場での利用が難しいという点です。

 EVに搭載されるリチウムイオンバッテリーは、その構造上外気温が低い状態では本来のパフォーマンスを発揮することができません。

 また、冬場の移動では暖房が必須となりますが、内燃機関車の暖房はエンジンの熱を再利用する仕組みのため、暖房を使用したことによる航続距離への影響は皆無ですが、EVの場合は航続距離に大きく影響します。

 豪雪地帯では、猛吹雪によってクルマが立ち往生してしまうことがしばしば起こりますが、もしEVでそのような状況に遭遇してしまうと、充電状況によってはすぐに電欠してしまうおそれがあるため、そうした地域に住むユーザーはEVを検討することが難しいといわれています。

 しかし、意外なことに、世界のなかでももっともEV販売比率が高い地域は北欧のノルウェーです。

 スカンジナビア半島のもっとも西側に位置するノルウェーは、人口約543万人、国土面積は日本よりわずかに大きい約38万5000平方キロメートルです。

 そんなノルウェーの新車販売状況を見ると、2021年に販売された17万6276台の新車のうち、およそ65%がEVとなっています。

 PHEVも含めるとその比率は約86%にまで跳ね上がり、内燃機関車(HV含む)はわずか14%程度となっています。

 一方で日本の新車販売台数におけるEV比率は約1%、PHEVを含めても約2%程度であることを考えると、非常に大きな違いがあることがわかります。

 また、ブランド別のシェアを見るとテスラが11.6%とトップであり、初めてフォルクスワーゲンを抜きました。

 ノルウェーでここまでEVの販売比率が高い背景には、政府による強力な普及推進政策があります。

 EVに対しては、輸入関税や購入時の付加価値税が免税となるため、ガソリン車よりもむしろ安価に購入することができます。

 例えば、フォルクスワーゲンの「ゴルフ」とそのEV版である「e-ゴルフ」を比べると、ゴルフの購入時には税金など合わせておよそ3万6600ユーロ(約500万円)の費用が必要となりますが、e-ゴルフの場合は2万5300ユーロ(約350万円)となります。

 また、充電器の整備も進んでいます。現在、ノルウェーには約1万5000か所の充電器が自治体などによって設置されていますが、これを人口あたりの割合で見ると、日本の20倍近くにおよびます。

 さらに、EV専用車線やEV専用駐車場などが整備されているため、ノルウェーに住む多くのユーザーにとって、EVは非常に合理的な存在となっています。

【画像】新型軽EV「サクラ」の内外装が豪華すぎ! 実質100万円台の実車を写真で見る!(81枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 月極駐車場とアパートの駐車場。郊外では大型ショッピングモールや道の駅、コンビニ、ゆとりの駐車帯。高速道路では駐車可能台数に対してSAの50%。PAの100%に。海岸線の道路には10km置きに5台程度の充電設備を。そのうち急速充電は50%。充電設備の利用料は無償にしたらEVの購入を考えても良い。国策としてやるなら徹底してくれ。インフラ無き推進など許容できない。
    あと、ノルウェーってそんなに人口が少ないのね。でも、地球温暖化がどうこう言ってるなら、降雪量もそのうち減るか、逆に異常気象で倍増したときにどうするの?。やはり降水量は当てに出来ないし、風力も風任せ。潮流発電はフィヨルドの出入口に設置するなどしないと心配では。再生エネルギーは気候変動に対応できないと思う。

  2. 世界は、EV 化に突き進んでおり日本もその波に乗らざるを得ない。ただ、日本は電力のもととなる発電の主力を火力に頼っており、今年も夏、冬電力不足となり厳しい見通しだ。我が国の基幹産業である自動車産業を半導体とか、家電産業のように衰退させないためには、大元の電力確保の為にも原発の再稼働を推進しないと、駄目だと考える。更に、火力発電の原料は石油である‼️これを電気に変換し、送電ロス伴いながら、EV に電力供給するのと石油を精製してガソリン車に給油するのとどちらが効率的なのか、まあ、今更の話なのですが。

  3. あほくさ。北欧の統計とか何の意味も無い。北海道や北東北は世界一の寒冷・豪雪地帯だぞ?EV車なんぞ真冬はほぼ走れんわ