首都高値上げの影響は? 料金改定1か月で「長距離」減・「深夜」増…渋滞は減った?

国土交通省が、首都高の通行料金改定1か月の交通状況を発表しました。全国的にはコロナ禍からの交通量の回復が進んでいますが、首都高は料金改定の効果とみられる変化が起きています。

首都高全体の交通量は前年とほぼ同水準

 2022年4月1日に実施した首都高の通行料金値上げをめぐり、国土交通省は5月24日、改定1か月の交通状況を発表しました。

 料金改定後、首都高の長距離利用は減少。朝夕をはじめ日中の利用も減り、渋滞は減少したといいます。

首都高の通行料金改定1か月でどう変わった?
首都高の通行料金改定1か月でどう変わった?

 首都高では、東京都心部を通過する交通を抑制するため、4月1日に料金を改定しました。ETC普通車の場合1320円から1950円に値上げするなど上限を引き上げたほか、深夜割引の導入、多頻度割引の拡充、千葉外環迂回利用割引の導入などを実施しています。

 これらの結果、2022年4月の首都高全体の交通量は1日103万2千台で、新型コロナによる行動制限のあった前年4月の103万1千台とほぼ同水準に。

 距離別に見ると、値上げ対象となった36km超の長距離利用は前年比マイナス2%になった一方、短距離利用は回復していることがうかがえます。

 都心通過利用は1日3万2千台で、前年比でマイナス1%、コロナ禍前の2019年比でマイナス5%に。

 また、千葉外環(三郷JCT~高谷JCT)の迂回利用割引により、2022年4月の三郷経由の都心通過利用は前年比6%減の1日2850台に。あわせて6号三郷線・向島線の渋滞損失時間も減少しました。

 深夜割引が新たに導入された0時から4時までの交通量は前年比13%増だった一方で、それ以外の4時から24時まで時間帯は2%減少しています。

 首都高全体の渋滞損失時間は、2019年比で28%減、前年比で10%減となり、とくに江戸橋JCTや大橋JCT、大黒JCTなどでの合流渋滞が緩和しています。

 ちなみに首都高の交通量は前年比でほぼ同水準でしたが、NEXCO3社は2%増、阪神高速は3%増と、全国的には回復傾向が見られます。首都圏をぐるりと回る圏央道も前年比で2~5%増となっており、都心を通過する交通は、首都高から環状道路へのシフトが進んでいるといえそうです。

【画像】首都高交通状況の詳細データと、ETC車の新しい通行料金(25枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント