レトロ仕様のトヨタ「タウンエース車中泊」がアツい! 丸目ライト&黒エンブレムで女子人気も!

フレックスの展開するリノカは「モル」というトヨタ「タウンエース」ベースのモデルを2022年夏に発売するといいますが、どのようなモデルなのでしょうか。

レトロ仕様の「タウンエース車中泊」が良い感じ!

 2022年5月上旬、フレックスの公式SNSにて、同社が手掛けたトヨタ「タウンエース」ベースの「MOL(モル)」でソロキャンプしている様子が投稿されました。
 
 レトロ仕様ともいえるタウンエースとはどのようなモデルなのでしょうか。

ハイエースより小さく軽キャンパーより大きな丁度いい「タウンエース」ベースの「モル」
ハイエースより小さく軽キャンパーより大きな丁度いい「タウンエース」ベースの「モル」

 フレックスは「いいクルマを自分らしくデザインして長く乗る」をテーマに掲げたリノベーションカープロジェクトとしてリノカを展開しています。

 リノベーションをおこなうクルマには、壊れにくく、長く乗れて、新しい使い方を予感させる「いいクルマ」が条件だといいます。

 今回のモルは、リノカのラインナップとして2022年夏販売予定の新型モデルです。

 タウンエースをベースとしており、商用車らしい元来の機能性と、独自に造形したフロントフェイスにより、さまざまなファッションやシーンとの高い親和性を兼ね備えたモデルとなっています。

 モルについてフレックスは「トヨタのタウンエースベースで、積載性が高い上、小回りも利く、そして愛らしい顔つきのニューメンバーです。かわいいです」とホームページ上で説明しています。

 見た目からしてタウンエースはそのままだと仕事車という印象が強いですが、モルはリノカによって丸型ヘッドライトを装着することで親しみやすいフェイスとなっているほか、トヨタのTマークやフロントバンパーをブラックアウトすることで、従来のトヨタ車とは異なる雰囲気です。

 さらに、ボディカラーも大地や植物など自然物を連想させるアースカラーに塗られています。

 足元のホイールもブラックアウトして、トーヨータイヤのオフロードタイヤを履くことでタフさが強調されました。

 インテリアは現在開発途中となり、シート地を貼り替えてブランケットなどを被せている状態ですが、今回投稿された写真ではブランケットのうえに折りたたみテーブルと寝袋を置けば一気に車中泊仕様に早変わりします。

 そのほか、投稿された写真ではルーフキャリアやサイドタープが取り付けられているようで、気軽にキャンプや車中泊が楽しめる仕様になっているようです。

 今回のリモは、ハイエースキャンピングカーだと大きすぎ、軽キャンパーでは少し狭いといった中間を絶妙に狙ったサイズだといえます。

 実際に、2022年1月に開催された東京アウトドアショーやアウトドアデイジャパン東京2022でお披露目されており、ユーザーからの反響は上々なようで、とくに女性からの支持があるようです。

【画像】レトロ顔「タウンエース」登場! 車中泊も出来る! 内外装を実車で見る!(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント