”あおり運転検知”を上位機種に搭載!パイオニア カロッツェリアがドライブレコーダーの新製品2機種を発表

2022年5月12日にパイオニアが新しいドライブレコーダー2製品を発表しました。上位モデル「VREC-DZ800DC」には後方からのあおり運転検知や急ブレーキの制動検知などをおこなう「危険運転検知機能」が新たに搭載されています。

パイオニア カロッツェリアから新しいドライブレコーダー2機種が登場!

 2022年5月12日パイオニアはカロッツェリアブランドから新しいドライブレコーダー2機種「VREC-DZ800DC」と「VREC-DH301D」を発表しました。

 今回発表された新製品にはどのような特徴があるのでしょうか。

パイオニア カロッツェリアから発表されたドライブレコーダー「VREC-DZ800DC」
パイオニア カロッツェリアから発表されたドライブレコーダー「VREC-DZ800DC」

 高機能2カメラタイプドライブレコーダー「VREC-DZ800DC」は前後の高画素数カメラ(各約200万画素)にSTARVIS技術搭載のソニー製CMOSセンサーを採用。

 夜間でも高感度・高画質に記録できる「ナイトサイト」に対応し、昼夜を問わず鮮明な映像を記録できます。

 また24時間365日マイカーを監視可能な「駐車監視機能(セキュリティモード)」や、後方からのあおり運転検知や急ブレーキの制動検知などを行う「危険運転検知機能」など多彩な安心・安全機能を搭載しています。

■「VREC-DZ800DC」の主な特徴

(1) 夜間の風景だけでなく駐車監視中の暗闇でも鮮明に記録する高感度録画「ナイトサイト」に対応

 フロントカメラ/リアカメラともに約200万画素の高画質フルHDカメラを採用し、少ない光量でも夜間の映像をしっかり記録する高感度録画「ナイトサイト」に対応。

 暗闇でも細部まで鮮明に録画することができ、万が一の際にもナンバープレートの文字や周囲の状況をはっきりとした映像として記録できるようになっています。

 また、急な明るさの変化による白つぶれや黒つぶれを補正し、きれいに撮影できる「WDR機能」を搭載しています。

(2) 24時間365日監視できる「駐車監視機能(セキュリティモード)」を搭載

 駐車中の衝撃を検知すると周囲の状況を記録します。

 記録の際は、エンジン停止後最大40分間稼働する通常の「駐車監視機能」で検知前20秒間と検知後20秒間を記録し、その後は「駐車監視機能(セキュリティモード)」をONにすると24時間365日、常に車を監視します(記録時間は検知後1分間/3分間/5分間から選択可能)。

 次回乗車時に本体の画面表示と警告音でお知らせし、また動作中にLEDインジケーターを点灯するように設定可能で、車上荒らしの抑止にもつながるとしています。

(3) 危険な後方からのあおり運転や自車の急ブレーキの検知が可能

 後方からのあおり運転を検知するとドライバーへ通知する「後方車両接近検知機能」を搭載。

 新開発の画像認識技術による昼夜別々のアルゴリズムを用いることで、高い認識率で検知・録画を行います。

 また、前方車両の急ブレーキや強引な割り込みなどで自車が急ブレーキをかけた場合に自動で記録する「急制動検知機能」も搭載し、その映像はイベントフォルダに記録される形となり上書きされる心配もありません。

(4) スマートフォンで映像確認や設定が可能

 専用アプリをダウンロードしたスマートフォンとWi-Fi接続することで、本体を操作しなくても手元のスマートフォンで録画した映像確認や本体の設定(※1)が可能。

「後方車両接近検知機能」の設定など詳細な設定も簡単におこなうことができます。

 ※1 すべての本体設定をおこなえるわけではありません。

(5) 直接フロントガラスに取付可能な一体型形状とL型端子により広い視野を確保

 本体をフロントガラスに直接貼り付ける形状と、本体の電源ケーブルとリアカメラ用ケーブルにL型端子を採用。

 配線露出を低減するとともに、フロントガラスの上部寄りに取り付けが可能で、吊り下げ形状より広い視界を確保することができます。

(6) もしもの時の撮り逃しを防ぐ、SDメモリーカードの安心機能を搭載

 書き込み速度が著しく低下しているなど、書き込みに問題が発生しそうな場合を知らせる「SDカードフォーマット警告機能」や、別売のパイオニア製SDメモリーカード使用時にカードの寿命を知らせる「SDカード寿命警告機能」を搭載しています。

 また同日、 前後のカメラに高感度センサーを採用し、昼夜を問わず鮮明な高画質記録が可能な2カメラタイプのドライブレコーダー新モデル「VREC-DH301D」も合わせて発表されました。

■「VREC-DZ800DC」の主な特徴

(1) フロントカメラとリアカメラに高画素数カメラを採用し、細部まで鮮明で高画質な映像記録が可能

 フロントカメラに約370万画素、リアカメラに約200万画素の高画素数カメラを採用し、細部までしっかり録画できるので、万が一の際にもナンバープレートの文字や周囲の状況を鮮明に記録。

 また、フロントカメラにF値1.4、リアカメラにF値1.8のレンズを採用しており、明るくはっきりとした映像記録が可能となっています。

(2) 夜間の映像もしっかり記録する高感度録画「ナイトサイト」に対応

 フロントカメラとリアカメラにSTARVIS技術搭載ソニー製CMOSセンサーを採用し、高感度録画「ナイトサイト」に対応。

 トンネルや夜間の走行時でも、前後のカメラで鮮明な映像を記録することができます。

 また、フロントカメラとリアカメラそれぞれに独立した露出補正機能を装備しており、個別に明るさを調整(9段階)可能で、リアガラスがスモークガラスの場合でも後方の映像をしっかり録画します。

(3) 録画映像や操作画面が見やすく、操作性にも優れた大画面3.0 インチ液晶モニターを搭載

 録画した映像や操作画面を確認しやすい大画面モニターを搭載。画面のインフォメーション表示部分を透過表現にすることで視認性も向上させています。

 また、操作ボタンを側面・上部に配置し前面を液晶部のみにすることで、大画面でありながらコンパクトサイズを実現。

 さらに、機能ごとに操作ガイドを画面上に表示するため、初めて利用する場合や夜間など暗い場所で利用する場合でも操作キーが分かりやすく迷わずに操作できます。

(4) もしもの時の撮り逃しを防ぐ、SDメモリーカードの安心機能を搭載

 エラー発生の原因となるデータの断片化を軽減する「SDメモリーカードフォーマットフリー機能(※2)」や、書き込み速度が著しく低下しているなど、書き込みに問題が発生しそうな場合を知らせる「SDカードフォーマット警告機能」を搭載。

 別売のパイオニア製SDメモリーカード使用時には、カードの寿命を知らせる「SDカード寿命警告機能」も搭載しています。

※2 SDカードの状態によっては、フォーマットを行う必要があります。

(5) 駐車中に衝撃を検知すると自動録画する「駐車監視機能」を搭載

 別売の駐車監視ユニット「RD-DR001」を組み合わせることで、「駐車監視機能」が利用可能。車から離れる際も安心です。

 エンジン停止(ACC・OFF)に連動し、衝撃を検知すると、検知の前20秒間と後20秒間の映像データを保存。

 さまざまな利用シーンに合わせて8段階の感度設定(OFF設定を含む)や4種類の時間から選べるタイマーオフ設定(最大12時間)が行え、駐車監視ユニットの電圧カットオフ設定によりバッテリー上がりにも配慮しています。

 また、動作中にLEDインジケーターを点滅するように設定できるので、車上荒らしの抑止にもつながるとしています。

※ ※ ※

 実勢価格は「VREC-DZ800DC」が3万4000円(税込)前後、「VREC-DH301D」が2万8000円(税込)前後を想定しています。

【画像】上位機種には後方からのあおり検知機能も!パイオニア カロッツェリアから登場したドライブレコーダーをもっとみる(8枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 実際のところ、どこからどこまで煽り運転として記録されるかですよね。急に割り込まれた割にやたらと遅いから車間が近くなったとか。法定速度以下で走行している車が追い越しを妨害している追い付かれた車両の義務違反とか。中には法定速度ピッタリで幹線道路を走っていると1m前後まで車間詰めてくる奇特な方。渋滞で全体的に車間が詰まっているときも煽り運転として記録されるのかなど。