日本人の「平均年収500万円」でトヨタ「アルファード」に手が届く? 金ピカ仕様も狙える? 一括&ローンで違う車選びとは

残価設定ローンを活用すれば、ハリアーやアルファードも?

 一方、ローンを利用すればどうでしょうか。

 年収500万円の会社員の場合、ボーナスを考慮しなければおよそ42万円が額面給与となり、控除が差し引かれておよそ80%が手取りとすると34万円程度です。

 ローンの月々の支払額は、手取りの20%程度が限度とされているので、月額6万8000円程度が無理なく支払える上限額という計算となります。

 このことから、3年ローン(36回)であれば244万8000円、5年ローン(60回)であれば408万円が、金利も含めた支払い額の上限となります。

 ただし、実際にはオプション費用が上乗せされるほか、金利も発生します。それらを踏まえると、「アルファード」のエントリーグレード「X」(359万7000円)が頭金なしの5年ローンの場合、月額5万9950円の支払いとなるため、検討できる最大のラインとなりそうです。

トヨタ「ハリアー」もローンなら手に入るかも!?
トヨタ「ハリアー」もローンなら手に入るかも!?

 また、残価設定ローンを利用する方法もあります。

 残価設定ローンとは、契約期間(おおむね3年から7年)が終了した際に残っている価値(残価)を、契約時にディーラー側が保証し、残価以外の金額をユーザーが分割返済する形のローンのことです。

 本体価格における残価の割合を残価率と呼び、3年で50%程度、5年で35%程度が目安となります。残価率は数か月単位で更新がおこなわれるため、契約時にしっかり確認することが重要です。

 前述したように、年収500万円の人が月々無理なく支払える額が6万8000円だとすると、残価率50%のクルマであれば、3年ローン(36回払い)なら489万6000円、5年ローン(60回払い)なら816万円程度のクルマも検討することができます。

 ただし、残価設定ローンは通常のローンに比べて金利が高い傾向があるうえ、金利は車両価格全体に対して発生するため、通常のローンに比べて総支払額はかなり高くなる傾向があります。

 さらには、月間走行距離に制限があったり、契約期間終了後には返却、もしくは再ローンおよび現金精算をしなければならないといった注意点もあります。

 しかし、残価設定ローンを利用すると、3年後の残価率が55%と比較的高めに設定されているトヨタ「ハリアー」の「HYBRID G」(400万円)の、3年ローンでの月々の支払額は約6万1000円ほどとなり、なんとか狙うことができそうです。

 そして、同じ条件で5年ローンであれば、アルファードの上級グレードなども視野に入ってきます。

 アルファードの「HYBRID SR “C”パッケージ」(572万円)の残価率は55%程度ですが、5年ローンの場合、月々の支払額は5万2000円ほどとなります。

 この金額なら、高価なオプションを設定したとしても、無理なく支払えるラインにおさまりそうです。

※ ※ ※

 今回紹介したシミュレーションはあくまで一例であり、実際には個々人の状況により大きく異なります。また、通常のローンも残価設定ローンも、一定のリスクがあります。

 一方で、それらのリスクをしっかりと理解したうえで検討すれば、選択肢が大きく広がる可能性もあります。

 今回紹介した内容を参考に、それぞれのライフスタイルにあった購入プランを選びましょう。

トヨタ・アルファード のカタログ情報を見る

【画像】金ピカ「アルファード」がスゴい! いつかは手に入れたいトヨタ高級ミニバンを画像で見る(21枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント