日本人の「平均年収500万円」でトヨタ「アルファード」に手が届く? 金ピカ仕様も狙える? 一括&ローンで違う車選びとは

日本における正社員の平均年収は「約500万円」といわれています。では、年収500万円で買える新車にはどのようなものがあるのでしょうか。

現金一括なら、ほとんどの軽自動車や国産コンパクトが狙える

 国税庁が行っている民間給与実態統計調査によると、2020年の正規雇用者の平均給与は496万円でした。
 
 クルマ選びには、年収に見合った購入金額と最適なプランを選択する必要があります。では、年収が500万円相当の人が買えるのは、どんなクルマなのでしょうか。

アルファード 特別仕様車「S“TYPE GOLD III”」は430万6000円なので、年収500万円での現金一括は難しい
アルファード 特別仕様車「S“TYPE GOLD III”」は430万6000円なので、年収500万円での現金一括は難しい

 一般的に、現金一括で新車を購入する際の購入価格の目安は「年収の半分程度」といわれています。

 もちろん、年収以外の資産状況や家族構成などによっても購入できるクルマは大きく変わりますが、無理なく購入し、そして維持していくための目安としてはおおむね妥当な基準といえます。

 この基準を当てはめると年収500万円の人が現金一括でクルマを購入する場合、最大でも250万円程度のクルマがターゲットになるということになります。

 現在新車として販売されているなかでこの金額に当てはまるのは、軽自動車やコンパクトカーがおもなラインナップとなります。

 例えば、トヨタ「ヤリス」であれば最上級グレードの「HYBRID Z」(232万4000円)も十分に狙えます。

 同じくトヨタの「アクア」でも最上級グレードを狙えるほか、「シエンタ」や「ライズ」、「ヤリスクロス」も複数のグレードから選ぶことが可能です。

 また、ハイブリッドにこだわらなければ、「カローラスポーツ」や「カローラクロス」なども検討することはできそうです。

 ほかのメーカーを見ると、日産「ノート」の「S FOUR」(228万8000円)、ホンダ「ヴェゼル」の「G」(227万9200円)、スバル「XV」の「1.6i-L EyeSight」(233万2000円)、マツダ「CX-30」の「20S」(239万2500円)や、あるいはスズキ「スイフト スポーツ」の「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」(214万1700円)などがターゲットとなります。

 さらに、軽自動車であれば、ほとんどすべての車種の最上級グレードが視野に入ってきます。

 このように、500万円程度の年収があれば、ある程度の選択肢のなかから好みに合った車種を選ぶことができそうです。

 その一方で、国産車でも「高級」と名の付く車種や、ほとんどの輸入車は、このラインに収めることは難しそうです。

【画像】金ピカ「アルファード」がスゴい! いつかは手に入れたいトヨタ高級ミニバンを画像で見る(21枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント