VW新型「ポロ」まもなく日本で登場! 輸入コンパクトの代表モデルはどう変わる?

フォルクスワーゲン(VW)の代表モデルともいえるコンパクトハッチバック「ポロ」ですが、2022年6月にも日本でマイナーチェンジをおこないます。新型はどのように変わるのでしょうか。

内外装ともに大幅変更

 フォルクスワーゲン(VW)新型「Polo(ポロ)」が、まもなく日本に上陸します。

まもなく日本に上陸するVW改良新型「ポロ」
まもなく日本に上陸するVW改良新型「ポロ」

 ポロは1975年の登場以来、全世界で1800万台以上が販売されたモデルで、世界でもっとも成功したコンパクトカーのひとつです。現行型ポロは2017年に登場した6代目で、日本では2018年3月に上陸しています。

 今回日本に上陸するモデルは、2021年4月に欧州でマイナーチェンジをおこない登場した改良新型モデルになります。ではどこが変更されたのでしょうか。

 まずはエクステリアです。フロント・リアまわりのデザインが一新され、LEDヘッドライトとLEDテールランプを標準装備しています。

 インテリアでは9.2インチの大型モニターを搭載した純正インフォテイメントシステム「ディスカバー・プロ」を採用したほか、デジタルメータークラスターやタッチコントロール式エアコンディショナーパネルを採用しています。

 パワートレインは全車最新世代の1.0TSIエンジンを採用します。

 グレードは4グレードの展開になります。

 従来のTrendline(トレンドライン)に代わり、LEDヘッドライトなどを標準装備する「Active Basic(アクティブ・ベーシック)」、Comfortline(コンフォートライン)に代わりデジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」などを標準装備する「Avtive(アクティブ)」、Highline(ハイライン)に代わり同一車線内全車速運転支援システム「トラベルアシスト」やLEDマトリックスヘッドライト「IQ.ライト」を標準装備する「Style(スタイル)」を設定。

 また専用アイテムを装備したスポーティモデル「R-Line(Rライン)」も設定します。

※ ※ ※

 フォルクスワーゲンジャパンでは、現在この新型ポロの先行受注をおこなっています。2022年6月22日までに予約した人全員に、オプション費用5万円分をサポートする予約注文キャンペーンを展開中です。

フォルクスワーゲン・ポロ のカタログ情報を見る

【画像】まもなく日本で登場! 新型「ポロ」を画像でチェック(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント