便利だけど盲点!? 大根やゴボウが真っ二つ! パワーウインドウで「挟み込み事故」起こる? 子供の事故を防ぐ方法とは

クルマで移動する際、換気のために窓を開閉することがあります。最近のクルマではボタンひとつで開閉可能な「パワーウインドウ」が採用されていますが、挟み込みによる子供の事故も発生しています。そのような事故を防止するためにはどのような方法があるのでしょうか。

パワーウインドウが挟み込み事故…防止対策には何ができる?

 春から夏にかけての気温が上がり始める時期は、車内に涼しい空気を入れ込むために窓を開け閉めすることが多くなります。
 
 そうしたなかで、窓の開閉時によって子供の「挟み込み事故」も発生しています。そのような事故を防止するためにはどのような方法があるのでしょうか。

便利だけど油断できない「パワーウインドウ」の挟み込み事故… どのような対策が可能なの?
便利だけど油断できない「パワーウインドウ」の挟み込み事故… どのような対策が可能なの?

 クルマの窓を開ける際、最近のクルマには電動で開閉が可能な「パワーウインドウ」が採用されています。これは、スイッチひとつで窓の開閉をおこなうことができる機能です。

 そんなパワーウインドウですが、気づかぬうちにトラブルや事故の原因となる可能性があり、そのような事例が過去にいくつも報告されてきました。

 政府広報オンラインは、パワーウインドウが引き起こす危険性のある事故について、「子供がパワーウインドウのスイッチをいたずらした手を挟んでしまった」、「子供が助手席のパワーウインドウに人差し指を挟み、切断してしまった」というようなケースを公表しています。

 また、子供自身の操作以外にさらに、大人による注意が行き届かず、知らぬ間に子供がパワーウインドウで指や首を挟んでしまうケースも発生しているようです。

 このような事故を防ぐために、パワーウインドウを操作する際には、子供のみならず乗車している人に目を向けて、声をかけることも大切だと考えられます。

 運転中でも、パワーウインドウを操作する際には大人が、乗客全員に「窓を閉めるよ」と一言声をかけ、子供の様子を確認することを意識するのが良いでしょう。

 加えて、国産メーカーの担当者は「子供がパワーウインドウのスイッチを間違えて操作できないように、ロックスイッチをONにしていただくのも有効的な対策です」と話します。

 パワーウインドウのロックスイッチは、運転席のパワーウインドウ操作スイッチ付近に設置されていることが一般的です。

 これにより、運転席以外での開閉操作が出来なくなるため、子供自身による誤操作を防ぐことが出来ます。

 また、メーカーや車種によって挟み込みを防止する安全機能が搭載されていることがあり、これはウインドウが閉まる途中で挟み込みを感知すると停止または数センチほど開く機能です。

※ ※ ※

 そのほか、走行中に「子供が手を出す」、「身を乗り出す」といった行為は危険です。万が一の場合、転落事故の危険性も考えられることから、チャイルドシート/ジュニアシートを使いシートベルトを締めて子供が座席から離れないように配慮することが大切です。

【画像】 「あ、危ない!」子供が危険! 飛び出しを防止する凄い機能がこれだ! さらに危険性ある電動装備を見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事