運転免許更新「PayPay」支払いOK! 手続き15項目がQRコード決済に対応 警視庁

警視庁の警察署会計窓口で、2022年5月からQRコード決済が可能に。自動車免許更新や車庫証明など15項目が対応します。

クレカ・電子マネーに続きQRコード決済も対応

 2022年5月2日から、警視庁の警察署会計窓口で「PayPay」や「楽天ペイ」といったQR決済が利用できるようになります。

キャッシュレス決済のイメージ
キャッシュレス決済のイメージ

 警視庁では2021年7月1日からキャッシュレス決済を導入し、クレジットカード(1回払い)や電子マネーで支払えるようになっていましたが、今回さらにQR決済が加わります。

 対応窓口は、警視庁の全警察署(102署、島部含む)の会計窓口です。運転免許試験場や運転免許更新センターなどでは対応していません。

 5月2日以降で対応するキャッシュレス決済は次のとおり。

●クレジットカード
・Visa
・MasterCard
・JCB
・アメリカン・エキスプレス
・ダイナースクラブカード
・DISCOVER
・銀聯

●電子マネー
・交通系(Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca/マナカ、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)
・iD
・楽天Edy
・nanaco
・WAON
・QUICPay
※交通系はPitaPaを除く

●QRコード決済(5月2日追加)
・PayPay
・d払い
・楽天ペイ
・メルペイ
・auPAY
・ゆうちょPay

 車両関連の手続きでキャッシュレスで支払えるのは、自動車運転免許の試験・更新等、行政処分者講習、経歴証明書交付や、道路使用許可、車庫証明。

 さらに車両関連以外では、銃砲等所持許可、古物営業許可、風俗営業許可、質屋営業許可、火薬類取締事務、警備業認定等、探偵業届出証明、情報公開、放置車両確認事務、自動車運転代行業が対象です。

【画像】令和だけじゃない! 西暦も併記されている運転免許証

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント